denの段だらウォーキング日記 4冊目

アクセスカウンタ

zoom RSS 160120関東ふれあいの道part2鷹取山・里のみちの未踏部分

<<   作成日時 : 2016/01/21 21:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

行程:南平橋→遠藤原分岐→熊野神社→大乗院→土屋城址→土屋一族の墓→神奈川大学→妙円寺→びわ青少年の家分岐→展望台→吉沢中継所→上吉沢配水池下分岐→山入口→山の神。121分、7.1Km
今日のトータルは,part1 213分/11.9Km+part2 121分/7.1Km→334分/19Km

引き続き鷹取山・里のみちへ。以前松岩寺から鷹取山経由月京まで行っているので、鷹取山の下の霜降の滝分岐まで行けばいい。中沢橋バス停にでも降りれればいい。
<概略ルート>160120関東ふれあいの道part1弘法大師と丹沢へのみち と同じです。

 ”鷹取山・里のみち”は3回に分けて歩いているので、念のため確認。赤:20160120関東ふれあいの道15弘法大師と丹沢へのみち+8鷹取山・里のみち、青:20150620平塚三滝+富士山景勝地七国峠、遠藤原、茶:20090812霧降りの滝〜大磯鷹取山(手入力)をチェックしましたが、”大丈夫ですよ!ほぼ歩いていますよ!”
画像


 左:南平橋バス停の側に標識、右上:橋を渡ると、右下:地図があった。右上から真ん中でゴルフやっているお兄さんの辺りまで行けばいい
画像

 上:遠藤原の分岐#150620に歩いていますが、冒頭地図の真ん中上の分岐、下左:遠方に鷹取山が見える、下右:長屋門がある家があった
画像

 上左:熊野神社の前を通って、直角に曲がるとすぐに、上右、下:大乗寺は、静かな清楚な感じのお寺、
画像

 上左:お寺を出て、直ぐに右へ行くと、上右、下:土屋城址
画像

 左上:この辺りアンテナがずっと見えている、左下:ふれあいの道標だが、4分の1ですね、中:やっと里山の道っぽくなった、右:すぐに今度はお墓#今度いつ来るかわからないからとりあえず行っておこう
画像

 ちょっと変則的な石段を降りると、下左:浩宮様が来られた記念碑と、上右:お墓が並ぶ
画像

 上左:戻って降りて行くと、上右:少し先に神大のプルシアンブルー、下左:妙円寺到着、下中:銭洗弁天があった
画像


 妙円寺からまた直角に曲がって、そのまま南下(坂を登る)すると、上:右手にゴルフ練習場と、崖。これ見たことあるな?!、下左:ちょっとわかりずらいけど、この写真の右真ん中に”新規墓地受付中”ってあって、”これ見たことある!”と確信して、しばらく行くとこの道標が”150620に来たじゃん”なのであります
画像

 右:ここを右へ下れば、左:びわ青少年の家。だが帰路が遠い#ここで終了でいいわけだが、帰路の選択が難しい
画像

 上:林の陰に隠れてしまいますが富士山も見えて、金時山・明神ヶ岳が見える、下左:このベンチからの眺望です〜、下右:ちょっと先(20m位)からだと、富士山も、箱根山も見える構図#10m位高い展望台があれば…
画像


 上左:富士山はまだ荒れてますかね?、下:無線中継所、上吉沢配水池を経て、
画像

 左上:霜降の滝分岐まで行かずに配水池下辺りから下山するが、右:途中また大山が見えた。大きいね!、左下: 降ってバス停まで行くと標識には上吉沢バス停ってありましたが、”山入口”。でもバスが20-30分来ない。仕方ないので平塚寄りに歩いて次のバス停まで行くと、何と”山の神”! # こりゃ縁起がいい
画像


160120関東ふれあいの道part1弘法大師と丹沢へのみち

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

近々の山行予定 -16/2/4 更新

160120関東ふれあいの道part2鷹取山・里のみちの未踏部分 denの段だらウォーキング日記 4冊目/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる