denの段だらウォーキング日記 4冊目

アクセスカウンタ

zoom RSS 151216鎌倉パトロール。 祇園山HC-大町釈迦堂口遺跡-浄妙寺-護良親王墓-鎌倉宮

<<   作成日時 : 2015/12/16 23:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

行程:鎌倉駅→紅葉山やぐら→東勝寺跡→(祇園山HC)→八雲神社→釈迦堂切通→大町釈迦堂口遺跡→衣張山→浄妙寺石窯パン/昼→護良親王墓→永福寺跡→鎌倉宮=(BUS)=鎌倉。268分、9.2Km

今日の散策は、鎌倉のまだ確認できていないルートを下見ということで、マイミクのビビ♪さんと鎌倉Vルート散策第7弾。かなりの苦戦かと思いきや意外にもすんなり。しかし初めてなので疲れました。
私とビビ♪さんは、”たいこ橋”で検討・計画を立てていましたが、以下同じくマイミクの山歩き大好きさんのヤマレコ記事で、そこが”大町釈迦堂口遺跡”というらしい。以下記事をコピペ。
---
昭和15年(1940年)ごろに一部の研究者によって衣張山のふもとにある遺跡が時政邸跡であると推定され、以降、神奈川県教育委員会が作成した遺跡地図や遺跡台帳にも「北条時政邸跡」と記されてきた。しかし鎌倉市が平成20年(2008年)後半に発掘調査を実施した結果、時政の時代の遺物は発見されず、最も古い遺構でも13世紀後半のものと推測されたため(時政は13世紀前半に没している)、時政邸跡ではない可能性が濃厚になり、平成21年(2009年)になって「大町釈迦堂口遺跡」と名称が変更された。
---
☆今日の1枚 たいこ橋#数メートルの高さがある
画像

 北条時政邸跡と思われた時期の地図。標識で立っているものと思ったら、寝ていた。地図に掲載されている名称は北条時政由来の名称になっているが、遺構はほぼ残っているが、安全というわけではない
画像

<概略ルート>#GPSがうまく起動せず手入力
画像

コラボ:ビビ♪さん

§1.祇園山HC
 左上:鎌倉で集合して、辻説法記念碑の前から、左下:宝戒寺橋へ、中:ここから眺める滑川と東勝寺橋はいいね、右上:紅葉山やぐらまで行ってみる、右下:東勝寺橋のところにある猫の額公園#しかし紅葉のグラデーションがきれいだった
画像

 上:東勝寺跡、下中:山道へ入るがやぐらの上あたりに祠があり、下右:その先に分岐#振り返って撮影
画像

 上左:塀沿いに踏み跡がある、上中:塀が切れる。その裏手、上右:前方右手に祠が見える、下左:太神宮とある、下右:まだ先へ降りれそうだが、どうも下は私有地かな?
画像

 戻って、上左:HCを行くが、上右、下左:この祇園山HCは鎌倉で一番遅い秋を迎えると思っているが、まだ青いモミジが一杯、下中:左手に降りれそうな道、下右:降りてみると崖のようだ
画像

 上左上:妙本寺への降口、上左下、上右:展望台到着、下左:さすがに今日は暖かく富士山は見えない、下右:八雲神社に到着#下の天水盤は東京オリンピックの聖火台を制作した鈴木文吾氏の鋳造だそうだ。今は石巻だっけ?
画像


§2.大町釈迦堂口遺跡〜衣張山
 左上:釈迦堂切通はここ数年来てなかったけど、こうなるってると”もう入れない(入るな!)よ”#実際に落石があってこうなったみたいですけど、しかし真ん中に穴が…、左下:ネット正面の左に踏み跡ができていたが昔は気が付かなかった、中:二重のネットの先も網がない所が#鎌倉市の粋な計らいだ!、右:過日の大町側、切通にある石像、浄明寺側の様子を掲載しておきます
画像

 上左:大町6-9辺りへ戻り、大町釈迦堂口遺跡の入口へ*、下左:平場*。その先石段が組んであり、道は割合明確。左手に行くと、上右:東屋がみえるが*、下中:まずは一番奥への径ということで、切通の上へ移動。浄明寺側、下右:大町側#*印は、写真うまく撮れてなくて、見る方にわかりやすくを優先して、他サイトの写真を掲載しています
画像


 1段目左:日月(じつげつ)やぐらに行けた!#もしかしたらたいこ橋を渡れないと行けないと思ったので嬉しい、右:すぐ3基見えたが、標識の裏にも3基、3段目左:丸い穴が月と日らしい
画像

 上左:戻って東屋へ、左下左:国際自動車KMの持ち物らしいが特に入場禁止とはなっていない、左下右:たいこ橋だ。冒頭の写真の橋を展望台側から#私は体重が多いので渡るのはやめたが、軽量なビビ♪さんは向こうへ、私は橋の下の切通へ降りて、右上:裏門跡の標識、橋の下から見上げると橋の板が欠けているみたいだが、欄干は鉄筋だし、コンクリートの橋げたも確認できる、右下右:少し先へ行き振り返る
画像

 左:唐糸やぐらの辺りに、冒頭の地図があった、右上:山荘跡とあるあたりで、ビビ♪さんを呼んでも返事がしないので、電話して居場所を聞くと、”もう一つ東屋が見える”って、何がなんでも橋を渡った向こうへ行くしかないなぁと思ってたら、橋の下に降りて来た彼女と合流#冒頭の地図を見ても周回している、もう一つの東屋(アトリエ)へ向かうことにして案内をお願いした
画像

 上:標識の文字はもう見えないが大きなやぐらがあって、下左:石塔のあたりで、下中:平場がかろうじて見える、下右:前方にアトリエが見える*
画像

 ”たいこ橋の反対側に行ってみよう”と誘われるがまま、左上:アトリエの反対側に行くと、やぐらがあって、左下:大きな木が巻き付いている、中:昔整備された石段は健在、下右:反対側に到着
画像

 上左:大町の建物が見える、上右:朽ちた椅子に、時代ですね#灰皿がないといけない時代の産物ですね、下左:すぐにアトリエ到着、下右:その先に登山口のようだ
画像

 左上:わかりずらいが峠みたいになってて、幅が30cm位の痩せ尾根#石切場だったみたい?、左中:結構急登を行って*、左下:衣張山へ出たが*、出口で小さな女の子に見られてしまい、何やってんの?って真顔でびっくりされてしまった、右上:今日は富士山はもちろん、箱根や丹沢も見えない、右下左:ねこがいました先日いたのと同じ猫みたいです
画像


§3.浄妙寺の石窯パン〜鎌倉宮
 左上:13時過ぎに浄妙寺へ。拝観料100円を支払わないと中へ入れない=石窯パンへ行けない#私も久しぶり、右上:茶室がいい、紅葉が綺麗でびっくりした
画像

 風がちょっと強くナプキンとか飛ばされてしまいましたが、下左:遅めのランチは、前菜とバスタ。この後お茶とデザートがありましたが、撮影し忘れた
画像

 上左:外のお店は閉まっていて、中でパンの販売はやっていました、上右:竹林を越えてお墓を見学
画像

 上:アジサイの道を散策して、衣張山が見える、下右:本堂の屋根は丸みを帯びていました
画像

 出口近くも紅葉が一杯あって、さすが鎌倉五山のお寺
画像


 左下:護良親王墓へ、中:この階段を登ったらお墓かと思ったら、右:その先にまた階段、綺麗なモミジでした。それから長い階段を登ると、三アルの港ヶ丘の234段はほとんど休まないで登れるのに、2度3度と休んで、いちばん上にお墓#階段は130段らしい
画像

 左:真直ぐの階段の先にまた階段があって、一番上まで行ってもお墓が見えません、右:左手に藪が続いていましたが、この辺りは最後数メートルの崖が多いですけど、ここは巨木
画像

 上左:長い階段を上から、上中、上右:右手には夕陽に映える紅葉が素晴らしい、下左:永福寺のHCを確認する予定でしたが、もうちょっとで16時になるので、散策は終了。永福寺を通って、下右:鎌倉宮からバスで帰る
画像


 今日の出会 上:スミレ、?、十月桜、ロウバイ、下:アーティチョーク、?、?
画像


ポイント
・釈迦堂切通の様子と、なんといってもたいこ橋が確認できたのは非常にうれしい。橋を渡るかどうかで判断が必要だが、一応パトロールは成功
・もう今月5回目の鎌倉散策ですけど、紅葉はまだまだ深まり、どこへ行っても素晴らしい彩が望めている。今年は変に暖かいので長いこと望めるのだろうね
・永福寺のHCを残してしまい、まだ残っている所(概略ルートの青い所)もあるので、暫くはVシリーズがつづきそうです

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
やっぱりここ行きたいです
またチャンスを作ってくださいね
いーさん
2015/12/18 17:53
いーさん、了解です。
別途日程など調整しましょう。今日もよそ道にそれ過ぎて、歩き残しありますし…
den
2015/12/18 19:05

コメントする help

ニックネーム
本 文

近々の山行予定 -16/2/4 更新

151216鎌倉パトロール。 祇園山HC-大町釈迦堂口遺跡-浄妙寺-護良親王墓-鎌倉宮 denの段だらウォーキング日記 4冊目/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる