denの段だらウォーキング日記 4冊目

アクセスカウンタ

zoom RSS 151212玄倉日影山。丹沢湖〜寄を縦走

<<   作成日時 : 2015/12/13 09:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

行程:新松田=(BUS)=丹沢湖→神尾田神社→神縄トンネル上→秦野峠分岐上→コケボウシ頭→カサツムリ→日影山/昼→林道出合→林道秦野峠→シダンゴ分岐→タチコバ山→寄分岐→寄BS=(BUS)=新松田。438分、14.8Km

今日の散策は、ちとマイナー。玄倉の日影山、通称ブッツェ平。丹沢湖から取り付き、寄(やどりぎ)に降りました。日影山は今年の1月以来ですが、今回は丹沢湖から寄まで一応縦走。
☆今日の1枚 日影山を下りて、左手へ回ると富士山が見え、大きい
画像

コラボ:ビビ♪さん、dタイプさん

§1.丹沢湖〜日影山
 左上:新松田7:25のバスで向かう、中:丹沢湖BSは初めて降りた、右上:三保ダムに表敬訪問。不老山の途中にあるもう一つの日影山が正面にある、左下:ふとヘリの轟音。自衛隊の訓練か?
画像

 上左:ダム事務所の横が登山口、下左:雲が低い。大室山方面だが、だいぶ手前の箒沢権現山か?#すぐそこにも世附権現山がある、右:神尾田(かみおた)神社を詣でたが、手水舎、鈴、賽銭箱、御神木など見えないが、砲弾が狛犬替わりにある珍しい神社だ
画像

 左:落ち葉が一杯。昨日雨があったがサクサクと音がいい、右上:この辺はHCなので標識がある、マジックで左上って書いてあり、右下:鉄塔へ#少し右へ行ってしまったが戻る。一人だったら真直ぐ神縄へ降りたかも
画像

 神縄トンネル上辺り。上左:木梯子があるが、この下に真新しい鎖があり、上右:神縄からのみちと合流。犬を連れたハンターらしき人が前方を先行するのが見えた。この後すぐに鎖場、下左:結構急な痩せ尾根が続く、下右:ヒバの樹林帯で昨日の風で青い葉も落ちたようだ、
画像


 この後は少し緩やになりハンターがいた。犬が獲物を追いかけているようだ。そういえば熊鈴を忘れて来た。dタイプさんがラジオを持っているというのでかけてもらったが、雑音の方が大きくちゃんと入らない!、歩き出して小1時間たったので少し休んでいると何発か銃声がした#何発かは外れたということか、緩やかに上って行くと、急登の手前の広い稜線を玄倉側の左手からご老人が歩いてくる。お元気だ。上左:左手に山並みが見える、上右:急登に入ると、下左:秦野峠分岐=大野山への分岐に到着、下右:右手は大野山方面。一度降りるみたい
画像

 さらに岩の急登をよじ登って#カメラを押す余裕もなし、その後コケボウシ頭の山頂のはずだが、劇ヤブでどこが山頂かわからない#しかし上:トンネルになっており往来は可能だが、雨に濡れていてズボンが濡れる。下左:アブラジャンの大木も、下右:山頂より出口がわからないでいると、右手の方でようやく藪が切れた
画像

 左上:ヤブは切れたが踏み跡が不明瞭で、テープと梯子をやっと見つける。梯子の所で二手に分かれており、足跡を追って、少し下って倒れた鹿柵をまたいで右手へ行ったが、左下:結局左手に柵を見て歩いて行ったので、梯子の所を右手に行けたのかもしれない、右:しばらく行くと右手に小田原の町や箱根の山#ほっとする
画像


 左上:少し右手が開けて、木の影になったが、雲の所に富士山が見えた。気分はルンルンだ!左下:高松山が近くなったので、手前の谷が八丁#なかなか行けないなぁ、右:もうちょっと(450m)で山頂という辺りで左側が開けた。左手の御正体山と菰釣、山頂もっこりの畦ヶ丸、加入道・大室山と連なり、(さらに右に檜洞丸)
画像

 左:足元が見えない、笹藪が長いこと続き、トレラン風の男性にすれ違い、最後はどこが散策路かわからない広い道を行くと、山頂。こじんまりとしている、右:降口を確認して昼
画像


§2.日影山の降り〜林道秦野峠〜寄
 この山の降りは、いわゆる急降。今回はロープ使い、安全を期しました
画像


 降りて秦野峠林道を少し行って、左:冒頭の富士山が見える辺りからパノラマ。大室山まで見えるが、右:もう少し先へ行くと、檜洞丸や蛭ヶ岳まで見える
画像

 左上:日影山の降りて来たところから秦野峠行く予定でしたが藪道っぽいので林道で林道秦野峠へ。日影山は北側が樹林帯、南側が広葉樹になっている、右:少し行くと作業経路が、もうここを登りましょうとは言えなかったけど、こっちの方が歩きやすいかもしれない
画像

 滝が何本かあって撮影したが、自分の影が映っている、右下:あれは何?と思っていたら、ガードレールみたいで、道路は曲がって登って行くようだ
画像


 上左:ようやく林道秦野峠#林道歩きは疲れます、上右:秦野峠からの降口、下右:寄大橋方面
画像

 左上:今回はシダンゴの方へ、左下:虫沢林道を行くとすぐに高松山への分岐、右上:さらに林道を行くと、表尾根が見えて来た、右下:鍋割山を拡大すると人の姿まで見えるくらいだ
画像


 シダンゴ分岐へ入る
画像

 上左:宮地山へ向かうが、3時半を過ぎて日の入が心配な時間帯に、途中タチコバ山通過。15:45#ここも急降りなのでストック出す、下左:宮地山の手前に寄への近道#GPSで確認しても田代向へ行くよりだいぶ近い、右上:出口16:15を回った
画像

 右上:寄BSの横の休養村管理センタへ到着、まずはビールを探すが、管理センタの奥のお店で買えた、ロウバイと寒桜が咲いてました#寄ロウバイまつりは、1/16〜2/21だそうです
画像


ポイント
・1月はブッツェ平に登り、大野山へ行く予定だったけど、降りる道がわからないで断念したけど、こんなにひろい道なき道だったのか?と改めて行って見てわかった。降りが急だということでロープをもっていったけど、前回よく降りれたなぁ〜って感じで、取付く木や岩があるけど、間隔が遠いのと、落ち葉で滑りやすい
・新松田には居酒屋が出来て久しいですが、いつも混んでますね。12月だし山の後忘年会もあるんでしょうが、今回入ったお店は、”6時までの1時間で、宴会コースを利用するなら入れてあげる”っていう商売をされている。”足元見やがって”と怒り心頭。”ならいいよ”って出ようとしたら、”宴会料理は頼まなくてもいいです!”って変更してきた。6時までも6時40分に変わった。我々が帰るころ入って来た新しいハイカー客にも同じように、”宴会コース頼んでくれるなら…”って。”どっかに別のお店ないですか?”って聞いていましたが、”あっちのお店から流れてくるんですよ(ここしかないだよって言っている)”だって。こう書いちゃうとどこだかわかっちゃうかな?我々は宴会料理頼まないで、1.5時間は入れました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

近々の山行予定 -16/2/4 更新

151212玄倉日影山。丹沢湖〜寄を縦走 denの段だらウォーキング日記 4冊目/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる