denの段だらウォーキング日記 4冊目

アクセスカウンタ

zoom RSS 151230北高尾山稜。今年最後の散策

<<   作成日時 : 2015/12/31 01:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

行程:高尾=(BUS)=陣馬高原下BS→奈良子峠分岐→底沢峠→堂所山→関場峠→三本松山→大嵐山→湯ノ花山/昼→黒ドッケ→杉の沢→狐塚峠→板当峠→板当山→高ドッケ→杉沢ノ頭→富士見台→熊笹山→唐沢山→地蔵平→高架下→駒木野=(BUS)=高尾。393分、12.7Km

今日の散策は、北高尾山稜という陣馬・高尾ハイキングコースの北にある少しマイナーなロングトレイルにチャレンジ。もう数年前から行きたい山に考えていたけど、まーちゃんから、”アップダウンがあって、えらいきついよ”と聞いていて、色々と調べて漸く実施。そんなに長いトレイルではない(13Km弱)が、低山(最高地点733m、標高差543m)なのに、獲得標高が上り/下りで、750m/880m。結構中級の山並み?
<概略コース>
コースの特長が、@急な降りが多い、A20-30mのアップダウンが連続して、もうお代わりしたくなくなる、Bエスケープルートがない#破線のルートはある、Cトイレなどの用意がない
画像

コラボ:dタイプさん

§1.陣馬高原下〜陣馬・高尾HC
 上左:始発で来て7:30のバスに乗りましたが、この電車で来ると小渕沢行きに乗れるんですね、上右:町はあったかな朝でしたが、陣馬高原下のバス停辺りは、日影でじーんと寒いです、下右:今回が底沢から最短で堂所山を目指します、下左:養魚場の辺りに檻があって、捕獲されたと思われるイノシシが2頭いた、
画像

 上左:dタイプさんとキャンプ場を覗くが、この荒廃状況ではもう営業してないのだろうという結論、上右:その先で右 奈良子峠分岐、下左:また二手だが、この左と、下右:この先は先で行き止まりで#車だけかもしれない、橋のかかっている川の右手がコース
画像

 上左:漸く明るい景色。奥に武相国境の醍醐丸などが見える、下左:道には霜柱がカチンカチン、手前の日影は、上中:GPSを見ると奈良子峠への道がこの谷のようだ、下右:陣馬HCが見えて来た
画像

 右上:峠に到着。こっちはハイカーが多い。着替えなどして、左下:ヒノキの植林帯があって伐採が行われていて、下右:”ご自由にお持ちください”と20cm位の板#香りがいいので持ち帰ってきたが、どう処理するかは金さんにでも相談しよう
画像

 
§2.堂所山〜湯ノ花山〜杉の丸
 上左:堂所山到着。一応最短できましたが9:45かぁ〜、右上:よく見ると木の枝の間から富士山が見える、右下:北側なので奥多摩の方が見える、左下:同定しておきましょう
画像

 先は長いので、北高尾コースへ入ると、この標識の所から急になっており、ストックを出して慎重に行く、左下:冒頭の断面図のように急に急降になる#振り返って撮ったが臨場感なし!、中、右上:降りると(それでもアップダウンあったけど)関場峠到着、右下:小下沢林道終点が見えるが、結構幅広い道だ
画像


 降りた分、この後その分登る。上左:ふと左手奥に大岳山〜御前山が見える、右下:松の木がある所に標識、GPSでは611で三本松山のはずだが、標識はない(と思ったが)、右上:進行方向左手に尾根が伸びており眺めもいいので行ってみたが、北側に山並みが、左下:同定しておく
画像

 左上:南側にはこれから行く北高尾山稜だ、左下:同定しておきます、ところが右:ここが三本松だという標識#GPSでは611ないし、国土地理院が611としているのはさっきのピークだ(東京都がやってもこうだから出鱈目な標識は一杯あるんだろうな。小山町の岩田さんを思い出す)
画像

 上左:また下って上って、右上:大嵐山、下:また下って、少し平らなところへ出ると、
画像

 左:湯ノ花山、この辺りで胃のむかつきが出て来て、昼食は次のピークの黒ドッケの予定だったが、ここは暖かいし、ここで昼食に。ところが座って水分を取った瞬間に胃液がこみ上げてオェ〜。山でこんなことは初めて。なんとかみかんとバナナを食べて、無理やりおにぎりも食べて…これから胃薬も常備しよう、中:急な岩場を降り、黒ドッケへ、右上:こっちが夕焼け小焼けの方向、右中:杉の丸へ、右下:富士見台まではまだ1時間以上はかかりそう
画像


§3.杉の丸〜駒木野
 左:狐塚峠到着、中:小下沢林道と、右:滝の沢林道の交差点になる
画像

 上左:300mくらい先に板当峠。上左:ここにも小下沢林道への道、上右:なんと地図があった!HCの入口において欲しいね、下左:この辺りには氷が張ってる、下右:峠を上がったこの辺りが板当山山頂?
画像

 上左:板当山を降りて、高ドッケへ登り返す辺りで、またむかつきがひどくなって休み休みながら、右:次のピークが杉沢ノ頭
画像


 上左:富士見台に漸く到着、上右:正面が少し開けていて、富士山が見えそう?、下右:景信と城山の間の小仏峠の左上に見えそうですね、下左:この標識は、板当峠の地図の破線ルートですね
画像

 左上:右手にアンテナとともに高尾山が見える、左上右:ヤブの熊笹山を登って、急な、長〜い降りの尾根になって、左下:城址の下へ行く分岐#振り返って撮影。この辺りから分岐がやたら多くなり、しかも毎度違う地名が出てくる荒井/摺差バス停がどこかわからないので駒木野へ#昔蛇滝を見学した時に駒木野を通ったことがある、右下:その先にまた城山分岐=太鼓曲輪尾根分岐へ。地理院にも出ていない
画像


 上左:その先小さなピーク、唐沢山?を経由して、上右:地蔵像が見えて来た、下左:正面から見ると八王子城山を守っているように見える、下右:この後は破線ルートなのでヒドく急で、落ち葉で滑る、取付く木もない、倒木もある径。それでも前方に高速を走る車が見えてきた
画像

 上左:最後はロープがあって、上右:ハイキングコースって書いてあるが、Vルートでしょ!。下左:高架を潜って、駒木野のまちへ
画像

 ちょうど通りが見えたところで目の前をバスが通った、高尾まで歩くか迷ったが、胃の調子も悪いので、関所跡がある駒木野バス停でしばし荷をまとめたり、写真撮ったり、休憩など。今日は打上げなしで年末のご挨拶をしてお別れしました
画像


ポイント
・堂所山から駒木野まで約10Kmですが、この間に10以上の山や無名峰や富士見台のような山に認定されていないピークがありますが、以下のように下がっては戻されてを繰り返す#?は推定
 堂所山/733m、三本松山/611、大嵐山/583、湯ノ花山/615、黒ドッケ/615?、杉の丸/612、板当山/562、高ドッケ/560、杉沢ノ頭/547.6、富士見台/545?、熊笹山/530、唐沢山/350?、地蔵平/355?
・やはりこのコースは長いです。アップダウンがボディーブローのように効いてきます。なんとか最後まで歩けましたが、吐いた後、黒ドッケ辺りで降りなかったので、高ドッケや杉沢ノ頭辺りがつらかったですが、その辺りではエスケープルートもないので先へ行くしかない。最近足がつったり、忘れ物ばっかりするなどのこの頃です
・今日の所要時間は6時間半ですが、ブレーキでゆっくり歩いたりしたので、正味は6時間位かな。やはりトイレ事情でルートの検討が必要です。夫婦連れやトレランの中に女性を見かけましたが、どういうルートかはわかりませんので、全ルートをどうしても一気という場合は、トイレがある明王峠と八王子城址を必ず入れるなど、よく調査が必要だと思いました

***
最後に、本年もいろいろとありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。よいお年をお迎えください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

近々の山行予定 -16/2/4 更新

151230北高尾山稜。今年最後の散策 denの段だらウォーキング日記 4冊目/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる