denの段だらウォーキング日記 4冊目

アクセスカウンタ

zoom RSS 151223藤沢七福神+相州村岡七福神+江ノ島でハピバ

<<   作成日時 : 2015/12/24 08:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

行程:藤沢→藤沢七福神(皇大神宮/恵比寿→湘南高校→〜養命寺/布袋尊〜白旗神社/毘沙門天〜常光寺/福禄寿→遊行寺→〜諏訪神社/大黒天〜感応院/寿老人相州村岡七福神(柄沢神社/恵比寿〜日枝神社/弁財天〜大神宮/大黒天〜荒神社/布袋尊〜弥勒寺/毘沙門天〜御霊神社(宮前町)/寿老人〜御霊神社(川名町)/福禄寿〜龍口寺/毘沙門天→湘南江の島→片瀬東浜→湘南江の島。319分、21Km。
今日の散策は足慣らしに藤沢七福神を歩こうと決めていましたが、藤沢にはもう一つ相州村岡七福神が隣接しているのでそっちも歩くか?、とかマイミクの”踊る”さんから新林公園の裏に東レの裏山は歩けるとか、またその踊るさんの紹介の近くにある鎖大師の青連寺の裏山とか気になるポイントがあり、歩けるなら歩いてみようと出かけてみました。
☆今日の1枚 藤沢七福神 左:皇大神宮 恵比寿/白旗神社 毘沙門天、中:養命寺 布袋尊/常光寺 福禄寿、右:諏訪神社 大黒天、感応院 寿老人/龍口寺 毘沙門天#江島神社 弁財天は鎌倉七福神で追加しました。
画像

画像

 相州村岡七福神 柄沢神社 恵比寿/日枝神社 弁財天、大神宮 大黒天、中:荒神社 布袋尊/御霊神社(宮前町)寿老人、右:弥勒寺 毘沙門天/御霊神社(川名町)福禄寿
画像

・検討図#藤沢七福神(ピンク)と相州村岡七福神(青)を併せて歩きます。新林公園の東側の東レの裏山とさらに東の鎖大師#ごめんなさい!地図の川名と宮前が逆です
画像

<概略ルート>

§1.藤沢七福神
 左上:藤沢駅からスタート、左下:線路沿いに西へ行きます、右:途中NOKの看板ですが、残念ながら、行きつく前に右手へ
画像

 左上:皇大神宮の正面へ、右上:やや参道が曲がってお社へ、左下:境内をパノラマにしてみました。結構広いです、右下:恵比須ノ宮
画像

 上左:湘南高校通りとかってあり、少し先を左に曲がってみると、上中、上右:湘南高校。野球部は休みがない、下左:中学校の前を通って、下右:引治川を渡る
画像

 左、右上:二つ目養命寺。小さいお寺です、右下:藤沢本町駅。だいぶ以前にこれから行く白幡神社に行った時に降りました、
画像

 上:白幡神社に到着、下左:川の名前は白硯川、下右:ここもお社正面には曲がって道が付けられている、
画像

 上、下左:義経・弁慶由来のもの、下右:義経由来といえば首実検ののち捨てられて、ここに流れて来たものを洗ったとされる首洗井戸の写真を載せておきます#今回はそちらへ周れなかった
画像

 下左:常光寺の正門までは近い。浄土宗のお寺
画像

 中:カヤの木ですが、神奈川の名木100選になっているようです、右下:道なり行くと、境川に出る。川に沿って下って行くと、
画像

 上左:左手に大きな門、総本山とあるので行ってみる。清浄光寺(遊行寺)で時宗総本山なのだ。藤嶺藤沢はここにあったのか?先程の湘南高校に比べれば大いに野球は強い、右中:お寺自体は大きなレベルです、下左:境内のパノラマ
画像


 左上左:5つ目の諏訪神社、遊行寺のすぐ隣で、左下:何人かで正月の準備をされていた、右上:右手にいくつか祭神があるが、右下左:その一つが大黒天様
画像

 左上:6つ目の感応院も割合近くにある、右:境内には三嶋大明神が。感応院自体は古刹だが、同じ境内に神社とお寺はなんででしょうね?
画像


§2.相州村岡七福神
 ここで藤沢七福神は離れて、一旦相州村岡七福神へ周ることに。上左:柄沢の鬼子母神といわれる隆昌院が見える、上右:その先に新興住宅地の一角に柄沢神社、下右:神社だが、鐘がある。上右の写真の親子が鐘を衝いてからお参りしていた、
画像

 2つ目は、上左:変わった建物だが、藤ケ岡中らしい、左下:日枝神社は、小さいお寺。標柱がある、右上:庚申塚も、右下:石塔群を経由して、
画像

 3つ目の大神宮へ、この辺り高谷(たかや)という地名らしい。
画像


 上左:この辺りはもう鎌倉で。バスは武田製薬経由大船行きだし、上右:右手には、先日鎌倉の玉縄辺りを歩いた時に見かけた1号バイパスだ、下:真直ぐ南下していくと、荒神(こうじん)神社に到着、
画像

 こちらも小さいお社。下右:お社の裏が高架になっていて、次の目標へまっすぐ行けそうだ#カシミールの古い地図ばかり見ているとこの高架には気がつかない
画像

 少し下ると、弥勒寺。こちらもこじんまりとしている
画像


 上左:GPSを見ると、このJRの跨線橋を渡った方がわかりやすいようだ。6つは、宮前の御霊(ごりょう)神社#お社の向こう側は神戸製鋼だ 
画像

 こちらは古い神社のようで、
画像

 兜山(現在は神戸製鋼の中らしい)や旗立山などの謂れも
画像

 左上:正面のこっちが男坂?、右:帰りに気が付いたが、古木のタブノキは正面から見ると、大きく割れており、幹が空洞であった!
画像


 最後7つ目のもう一つの川名の御霊神社へ向かうと、正面に柏尾川。その奥は鎌倉のリサイクルセンタ?、右上:川名交差点から神社へ向かうが、下右:前方に修繕中のマンション。調べてみると、超大型マンション群のパークアリーナ
画像

 左上:川名の御霊神社に到着。旗があった、右上:結構長い階段。狛犬の右手に女坂がある
画像


 上左:神社の境内から新林(しんばやし)公園側の山並。山が結構深いのだ、さて、wataさん達に落ち合うのに境川沿いを下るが、下左:柏尾川と境川の合流ポイント#高級写真を見ると名前がなくなる柏尾川の方が川幅が大きい
画像


§3.再び藤沢七福神
 上左:龍口寺に到着、ここも白幡神社と同じく毘沙門天。追浜もそうだったが、毘沙門天が二つというのもあるようだ、この龍口寺は以前も来たことがあるけど拝観料が無料で、こちらは五重塔と仏舎利塔が有名。下左:本堂、右上:仏舎利塔
画像

 高台からは、晴れたら富士山が見えそうだ、下:坂の途中の五重塔、下左:上から、下中:塔と同じ高さから、下右:やや降りて、いずれにしても全体を撮り切れない
画像

画像


§3.そしてハピバ
 上左:モノレールの駅の側で、別行動していたwataさんと踊るさんと落ち合って、上右:打上げ。踊るさんは昨日誕生日でしたので、我々もささやかにお祝い。シャンパンとケーキです、下左:私はリメークしたジーパンをもらって、下右:途中雨が落ちて来たので、江の島大橋の橋の下に移動したけど、風も当たらなくて橋の下生活は一度したらやめれないかも?#こんなイメージで
画像

 上:家に帰ってから、吊るしてみた、下:翌日、履いてみました#うさぎのママに撮ってもらった
画像


ポイント
・江島神社/弁財天が揃ってませんが、江島神社は鎌倉七福神でもあり、その時に追加します
・二つ七福神めぐりをやると20Km超になり、単純に5時間はかかるので、7時には藤沢を歩き出した。14時にwataさんと落ち合う予定でした。足慣らしではなく、結構しんどい
・wataさんにリメイクしてもらったジーパンですけど、ほんとに素敵です。大好きなパッチワーク柄に、ステッチが入っていて、足元にもパッチワークが入って、裏にも細工してくれています。とても素敵です。素敵度∞、ありがとう!
・感応院の神仏同居については、明治の廃仏毀釈で神仏分離されたと思うのだが、どうして神社が同じ敷地にあるのかなぁ?当然神社とお寺が一緒の境内にあるのは知っているが、今度住職とかに聞いてみよう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
太平洋戦争時の金属供出により梵鐘が無くなってしまったため、戦後再鋳造された梵鐘。梵鐘にその旨が記録されている。神社の梵鐘である。 供出の事実を後世に残している意味で貴重な梵鐘である。
(明治26年10月鋳造、昭和19年供出、昭和31年9月再鋳)
柄沢神社の梵鐘
2015/12/26 11:55
太平洋戦争時の金属供出により梵鐘が無くなってしまったため、戦後再鋳造された梵鐘。梵鐘にその旨が記録されている。 供出の事実を後世に残している意味で貴重な梵鐘である。
(昭和19年供出、昭和50年12月再鋳)

諏訪神社の梵鐘
2015/12/26 11:57
何故柄沢神社に梵鐘があるか?わからずでしたが、今回行っただけでも、このほかに遊行寺の手水鉢,感応院の梵鐘などがある。
http://www.geocities.jp/tcdnh830/soft/shakai/kane.html#fuji
その他の供出された金属供出
2015/12/26 12:02

コメントする help

ニックネーム
本 文

近々の山行予定 -16/2/4 更新

151223藤沢七福神+相州村岡七福神+江ノ島でハピバ denの段だらウォーキング日記 4冊目/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる