denの段だらウォーキング日記 4冊目

アクセスカウンタ

zoom RSS 151219箱根ターンパイクを行く。大観山〜白銀山〜箱根湯本

<<   作成日時 : 2015/12/19 23:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

行程:湯河原=(BUS)=大観山→MAZDAスカイラウンジ→鉄塔→ターンパイク出合2回目→激登・徘徊・彷徨→弁天山→出合3回目=白銀山登山口/昼→白銀山→老懐山→無名峰トラバース→三所山→新道分岐→新道出ちゃった!→湯本茶屋→曽我堂上=(BUS)=箱根湯本。398分、約9.8Km

今日の散策は、@箱根ターンパイク(の周辺)は歩けるのか?、A湯河原の七滝の一つ清水の滝というのがありますが、沢登で#沢登でない私には、白銀橋から行くのは難しいので、ターンパイクから行けないか?、B星ヶ山や聖岳などターンパイク周辺のアプローチにはこのターンパイクからの糸口をつかまないとならない。ということで1回目のリサーチですが、マイミクのご参加もいただき、行ってみた
☆今日の1枚 ターンパイクからの芦ノ湖とちょっと雲を被った富士山のパノラマ
画像

<概略ルート>
 ターンパイクからの検討図
画像

 ・清水の滝へは、地理院地図とカシミールの地図でアプローチが違うけど、いずれにしてもターンパイクを反対側に渡らないといけない
・ターンパイク経由で、星ヶ山や聖岳のアプローチも可能そうだが、本当に歩けるのか?
・帰りは傾斜の小さい聖橋方面(石垣山経由)へ降りたいが…
コラボ:fuuroさん

§1.箱根ターンパイク
 湯河原からバスで行ったが、バスが9:35とスタートが遅いが、車窓から。上左:岩戸山とその奥に天城山地、上右:レーダー基地#先日六方の滝へはここから行くつもりだったが雨の後だったので巻く玉公園からんび変更した。車内から登山口は確認した、下左:ターンパイクの入口の大観山へ、下右:着いてすぐの写真。先日フィリピン人の研修生と来た時に富士山が見えなかったので、Facebookで知らせた
画像

 下左:南アルプスの山々#同定は後程、下右:丹沢も見える、上左:写真を撮った後スカイラウンジへ、上右:鬼柚子というカボチャくらいあるゆず
画像

 上:ちょっと回り込むと、駒ヶ岳や右手に丹沢山系も見えるナイスビュー!素晴らしい!、下:南アルプスは聖岳や赤石岳など
画像


 左上:スカイラウンジを後に、GPSを見ながら散策路を探す、左下:野花の小径は左へ降りて行くみたいなのでパスして駐車場の横を行くと、右:漸く踏み跡を見つけたが、笹やススキが濃く、いきなりの藪漕ぎ
画像

 上左:その先へ行くと鉄塔に至り、下左:路も広いと、うっかりそれに引きずられていくと、巡回路でした。戻って笹に隠れた裏へ行くと笹とススキの道が続く、上右:無線中継所?を通過する辺りで、下右:霜が降ったみたいです
画像

 上左:少し開けたところで少し休憩#同行したfuuroさん、上右:右手にレーダー局が見える、下左:左手には富士山。もう雲に隠れ始めた、下右:時々樹林帯も通りますが、笹が伸びている所が多い
画像


 上左:ロープがある所も#確かここを降りると一旦ターンパイクに降りた、上右:アブジャンもあったが丹沢ではあまり見ない”笹藪の中”だ、左下:目印にしているポールが2本になった、下右:ターンパイクの横を歩いたが、道路の左側は崖
画像

 左上:そこをfuuroさんが写真撮っていてくれた#fuuroさんの写真には*、左下:ターンパイクの距離標識、この後いくつも指南が続く、右上左:痩せた尾根&激登*、登り切ると、右上右:美化センターの煙突の奥に、普段見えている形と違う金時山、その右には御正体山#丹沢だとばかり思っていたが、右下:南側には、右端が大観山、中央に岩戸山、その奥に天城山地、左には大島も見えたが写っているか?#ススキの奥が目指す清水の滝の沢になる
画像

 左上:わかりずらいが左手に木に赤いテープが並んでいる#つい行ってしまうがおかしい?!と戻るが、劇ヤブを右手へ降りると谷に。降下用に持ってきたロープもあるし降りちゃえと思ったが、ターンパイクに出ると崖なので正面の山へ何とか取付いて、右:ピークには弁天山とある、左下:そのまま降りて行くと3度目のターンパイク出合#13時近くになったし、日も陰って風が冷たいが、お昼に
画像


§2.白銀山〜箱根湯本
 冒頭の検討地図で”歩けるの?”は、「白銀山に行かないでは無理で、老懐山から下りるならokそうですが、白銀山に行かないでは=”歩けなさそう”だ。ということはわかったけど、日没の時間もかなり近いので、fuuroさんとも相談して、白銀山経由湯本へ降りることに。”藪漕ぎ”、”ルート不明瞭”の代名詞のような白銀山ルートと言われてますが、上左:ロープなどもあり整備されているし、下左:ネットがあったり人手がかかっているようです。上中:ミヤマキシミですが、赤い実を付けてますが、花も咲いている、上右:アンテナがある少し先に、下右:山頂。fuuroさんが標識を並べてくれて、綺麗に撮れました
画像

 左:ターンパイクから山頂の道は整備されていましたが、暫く行くと道は明瞭なれど笹が濃い道が続き、この標識#まっすぐ行くと老懐山です、中:冒頭の地図の無名峰は激登で避けようと思ったのですが、これが間違い。急な崖を2度トラバース(1度ロープを使う)して、右上:やっとのこと、ルートに戻る、右下:散策路にはイノシシが掘ったと思われる穴がたくさん*
画像

 上左:三所山の辺りからは樹林帯の横にある、そこそこ急な降りが続き、上右:16:10位。暗くなる前にヘッドランプを出す、左下:フラッシュ焚いてますが、分岐を選択ミス#左へ行ってしまった、下右:近いけど、道は不明瞭で、暗くなってきたので見極めも難しくなる*
画像

 左:鹿ネットがある辺りを越えると、鉄塔があった!”これで降りれる!”と喜んだけど、降りたところは箱根新道#新道は、人は通ってはいけない、右:工場にいた方に助けてもらって街へ戻り、近くのバス停からバスで箱根湯本へ。苦労した分、ほんとにビールが美味しかったです#fuuroさん、たびたびミスリードしてしまって、申し訳ないです!!!
画像


ポイント
・箱根ターンパイクの道は歩けるのか?は、今回のルート(白銀山あたりまで)では大丈夫みたい#、”とりあえず全ルートでの感想ですけど。”ハイキングコースらしいのが3割、ルート明瞭なれど平泳ぎ=藪漕ぎが5割、ルートが不明瞭が2割”って感じかな?
・地理院地図でのルートを発見したかったが、経路を見落としてしまった。昼を食べたところからターンパイクを戻ろうかと思ったが、400mもあるので諦めた→カシミール地図のルートがあるのはすっかり忘れてしまっていた
・湯本茶屋で新道をどこから出れるかわからず、近くにいた工場の方に出口を教えていただきました。道を戻らずにすみました。土曜日夕方なのに、働いていていただき、助かりました。ほんとうにありがとうございました

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

近々の山行予定 -16/2/4 更新

151219箱根ターンパイクを行く。大観山〜白銀山〜箱根湯本 denの段だらウォーキング日記 4冊目/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる