denの段だらウォーキング日記 4冊目

アクセスカウンタ

zoom RSS 151122フィリピン研修生と箱根。紅葉と滝と渋滞#ごめんね最後の散策なのに

<<   作成日時 : 2015/11/23 01:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

行程:小田原=箱根湯本=元箱根港→杉並木→お玉が池分岐→旧街道石畳→甘酒茶屋→畑宿/昼→飛龍の滝→湯坂路入口BS(バス来なくて1時間待ち→笛塚/バスが来たけど乗車拒否されて、3本も見送って、フィリピン人は寒のが弱いからってバスに乗せてもらい)=小涌谷=小田原〜新杉田。270分、9.4Km

今日は、11月末には全国の実習先に飛んでいくEPAのフィリピン研修生と最後の散策#通算3回目。箱根に行きたいというリクエストがあり、鎌倉のハイキングなども経験していますので、なんとか富士山が見えるといいね散策。紅葉と滝の前後に、芦ノ湖からの富士山#全国散らばると最後の富士山になるかもしれません、それに温泉に入る#一般に外国人はスッポンポンになることがないので嫌がると思っていましたが、チャレンジしようという人がいて、行程に組み込みました。
☆今日の1枚は、芦ノ湖のパノラマ。残念ながら富士山見えず
画像

<概略ルート>
コラボ:まささん、フィリピン人13名

§1.元箱根から畑宿
 新杉田で待合せて、小田原へ。13人は一人ではつらいので、上左:小田原で待合せたまささんに手伝ってもらうことに。上右:ここでフリーきっぷで箱根へ入る、下右:この写真の半分くらいはJoVee(ジョビー)さんのFBの写真を借りています。ジョビーさんありがとう、下右:ホテル前
画像

 上左:元箱根に到着しました、上右:あれ富士山がいない!#みんなに富士山を見せたくてこのルートにしたのに〜無念、下左:何と駒ヶ岳だけでもと思ったが…、山頂も見えない…、下右:海賊船が近付いてきたんで待機時間を延長する
画像


 左上:畑宿へ向かうが、港の大鳥居から右へ入る、紅葉がきれいだ
画像

 左:杉並木に沿って行くと、中、右:旧街道まで杉並木と石畳になります#当然今勉強している介護士の語彙にはないのですが、英語に堪能な彼らは看板の英語の説明文を読んで理解してくれます#ほっ!、右下:みなさんに、地図があるのでコースと所要時間を説明#もともと4-5時間歩くとは説明はしています
画像

 上左:石畳のスタートですが、暫く登り、上右:ほぼピークを登り切ると、お玉が池の分岐、下中:さらに行くと、旧街道と出会い、その先へ行く
画像


 上左:甘酒茶屋に到着。”なんで甘いですか?”と聞かれたが、甘酒(甘い酒は不思議らしいものの)の説明は難しい、その他:モミジは素敵な感じ
画像

 みんなには10分休憩&トイレ行ってねと伝達しましたが、上右:私はそうしていますけど、下左:トイレの前で変な恰好のお姉さんに出会う!?怪しいから絡むのは遠慮だけど、下右:実はフィリピンの有名なカメラマンとモデルらしく、13人と意気投合して、こっちへカメラを向けてくる#自分もフィリピン人かな?、
画像

 そのモデルさんがこちら。激しいです。こういう出で立ちの女性。なんだろうと思ったら、彼女はモデルで、クルーと徘徊いやいや撮影旅行のようです
画像

 最近、フィリピンの方から、新しい集合写真を入手しました
画像


 しばらくはつづれ折りの道路沿いに畑宿ですけど、上右:落ち葉がかわいい、下左:雲助の説明ですけど、相当難しいですが英語の説明を読んでもらう#蕎麦屋の下ですよね、
画像

 上左:サルの餌付け禁止は気が付きませんでした。フィリピン人の感覚が新鮮、上右:湯本の家並が見える、下左:13人もいるとすぐに長い列になる50-100mは空く
画像

 つづれ折りですが、上左:このカーブ左に、下左:高速の道へ続いているのでしょうが梯子階段、何でしょうね?、下右:ちょっと行くと畑宿への石畳
画像


§2.畑宿〜龍神ノ滝
 上左:スリッピーな石畳は私も苦手ですが畑宿に到着、みんなにはトイレへ行くように行って、もう12時回ったので飯が食べれる場所探し#少ない人数なら蕎麦屋さんもあるのでお願いするところですが、13人じゃねぇ〜#何も買わない人もいるので、上右、下:七福神のお寺ならもしかしてと、お願いに行ってみましたが不在でなのでした
画像

 上左:仕方ないので、みんなが待っている一里塚へ戻り、この左の方の道路で食べるよっていうと、この右の方にお寺の駐車場があってそこじゃダメって?#私が行ってきたお寺の裏なので、お寺の方が不在だけど、余り時があるわけでもないので、”もしも寺の関係者が来られたら、謝罪とお願いをしよう!”と思い、弁当を広げさせていただきました、下左:テントウムシがいました、みんなで集合写真を撮り終わったら、車が駐車場に来て、その方がお寺の関係者みたいで、ご挨拶させていただきましたが、勝手にシートを広げたこととをお詫びしたら、快諾いただきました。#ありがとうございます
画像


 さあ、滝へ向かいます。上左:登り返しですけど、上右:標識があるので、飛龍ノ滝を目指します、下:ちょっと行くと夫婦桜(山桜)の巨木へ、その辺りに紅葉が燃えています
画像

 しばらくコンクリートの急登の林道でしたが、その先コンクリが壊れた道へ行くと、左上:川へ、下左:その先で沢に出合、右:ちょっと行くともし崩壊したらやばそうな岩壁、下右:そばの左手もそう、
画像

 ここまで来るともうすぐ滝。左:川面に滝っぽくなって、中上:紅葉が見えたら、中下:石の橋が見えてそれを上って行く、右:すっきり滝の流れだけど、滝の本棚はもっと上
画像

 行ってみると、もう3回目ですが、水量もあっていい流れです
画像

 左:横向きの写真を乗せます、右上:そこそこ大きな滝で、神奈川の大滝の一つと説明書き、右下:私、5人のエンジェルに囲まれて、ちょっと照れてしまいます
画像


§3.帰路
 左上:滝から登って行った分岐で全員が入った写真、左下:このあとも階段を上って、右上:湯坂路入口に到着ですが、畑宿13時だったので、滝を出るころには2時半。あらっ、予定では千条の滝経由でしたが、フィリピン人を連れて3時以降に歩くのはまあやめとかいかんかな〜と関西訛りで神の声が降りて来て、右下:みんなには”冬の15時過ぎはハイクしない”と説明して、急遽湯坂路入口からバスで湯本もしくは小涌谷駅経由湯本へとルートを変更#これが失敗かな?
画像

 上左:すぐそばにバス停がありますけど、上中:道幅もなくて反対側で待ってもらいましたが、下左:1時間近く待ってもバスが1本も来ない!”1時間に4本バスがあるはずなのに?!”、この時間帯だと毎時の1本目が小田原行きで、その後の3本は湯本行きらしいが、上右、下右:全然来ない!その間にどんどん寒くなってきて、みんな寒くて仕方ない様子!#ごめんなさいね
画像


 あまりに寒いので、小涌谷まで歩くことにしたが、左:途中でバスが来るけど、”乗車拒否(一杯乗せるとカーブが多いから危険だからと乗車拒否)”にあいました、3台見送りましたが、冒頭の”暖かい国から来たフィリピン人のことを考えたら、何とか乗せて!”が通じて乗せてもらえました、中:小涌谷駅へ、右上:ようやく小田原へ#温泉はパス、右下:これはどこでしょう?皆さんかなりお疲れの様子です。私も疲れました
画像

 
 おまけ1:電車の中吊りポスターですけど、今日は見れなかった”芦ノ湖からの富士山”だよ。いい思い出になればいいね
画像

 おまけ2;ちょっと早いですけど、”メリークリスマス”
画像


ポイント
・予定の行程も完遂できず、バスが来ないという状況になり、しかも寒くなって、ひどい散策になってしまい、最後の散策なのに、申し訳ないと思います。散策が嫌いにならないでね
・まささんに同行してもらい、殿(しんがり)をキープしてもらいました。彼女は福祉関係の仕事をしているので、これから介護士になるフィリピンの方々にはいい機会かと思ったのですが、長い列になってしまい、先頭を歩く私と彼女は思った通り、ほとんどお話できませんでした。今度またゆっくりお話ししましょう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

近々の山行予定 -16/2/4 更新

151122フィリピン研修生と箱根。紅葉と滝と渋滞#ごめんね最後の散策なのに denの段だらウォーキング日記 4冊目/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる