denの段だらウォーキング日記 4冊目

アクセスカウンタ

zoom RSS 151021横浜磯子七福神+はるき休み!+アクアスポットニュー松の湯

<<   作成日時 : 2015/10/21 22:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

行程:上大岡→金剛院/大黒天→金蔵院/弁財天→真照寺/毘沙門天→密蔵院/布袋尊→市電記念館→宝積寺/恵比寿尊→寶生寺/寿老人→弘誓院/福禄寿→はるき→蒔田。195分、約10.5Km

今日は磯子の七福神めぐりと、久しくつけ麺食ってねぇ〜ということで、通常ルートは吉野町から回るルートで上大岡ですけど、歩き出しを上大岡に変更して、吉野町へ向かいました!、私のつけ麺ははるきの特製なのです…今回は、御真言を書いておきますけど、真言宗と天台宗で少し違うみたいですが、今回は真言宗
☆今日の1枚 磯子七福神コラージュ 左:金剛院/金蔵院/真照寺、中:密蔵院/宝積寺、右:寶生寺/弘誓院
画像

<概略ルート>

§1.金剛院/大黒天、御真言はおんまかきゃらやそわか
 上左:上大岡の裏からスタート、上右:上大岡は鎌倉街道は平らですが、すぐ山道、下:山の上のマンションを抜けて
画像

 上右:地図がありますけど、磯子も近い。プリンスホテルの名前が残っていますね、下左:今日の出立ですが、ついにハイキング用のジャンパーを出す#薄手ではありますが、下中、下右:港南区から南区をちょっとかすめて、磯子区へ。上大岡と磯子の繋がる場所の一つ笹堀辺りへ#あとは汐見台とか屛風浦
画像

 長ーーいアプローチでしたが、金剛院到着
画像


§2.金蔵院/弁財天、 おんそらそばていえいそわか
 金剛院がぽつんと離れているので、次の金蔵院までも、長く、坂道のある難な道です、上左:笹堀交差点手前を岡村公園の山道へ取付くと、上右:遠くに上大岡駅前の高層マンション、手前にはこの辺りに一杯あるライオンズマンション(10号まである)が見える、手前がそれ?、下左:岡村公園には入らなかったけど、ピークを越えて下りへ、磯子のコンビナートが見える
画像

 金蔵院へ到着、左下:石の庭が綺麗に箒がかけられて整えられていて、入るのは憚れる、下右:鮭塚?#昭和3年の建立らしいですが、昔は磯子にも鮭が上がっていたのかな?
画像

 上右:別名磯子観音、下右:弁財天の碑
画像


§3.真照寺/毘沙門天、おんべいしらまんだやそわか
 この辺りは丘の上に高級住宅地が
画像

 下って行くと、真照寺へ、駐車場から入りましたが、上:風流のあるお寺です、下右:正門正面にある仏塔も風情あり!ですが、また真言宗のお寺#もしかして(全部真言宗)?
画像

 右手には8体の菩薩像、下左:毘沙門天、下右:正門から出る
画像


§4.密蔵院/布袋尊、おんまいたれいやそわか
 上:真照寺から12-3分で、密蔵院。小さなお寺です
画像


§5.宝積寺/恵比寿尊、おんいんだらやそわか
 密蔵院から道なりに行くと、買ったものを食スペースで食べれるコンビニで休んでましたが#実は昼も過ぎたのではあの足しにと、饅頭を食べたんですが喉に詰まってつらかったです#思わず正月に餅を詰まらせて死んでしまう老人のニュースを思い出す。めげずに外へ出てみると、すぐ隣が市電の記念館でした。びっくりの市営住宅の下にあった
画像

 滝頭の辺りですが、掘割川に架かる根岸橋を渡ります、
画像

 宝積寺に到着。左下:鬼瓦?、右下:SABA運動に参加しているようです
画像


§6.寶生寺/寿老人、うんぬんしきそわか
 左:宝積寺の裏山は、ほぼ一山米軍の住宅地になっています。天神橋を渡って、堀ノ内地区へ行く、右:猫をアップで#こっち向いた時に撮影したつもりなんですが、こっち向いてないです〜
画像

 左上左:寶生寺の辺りかな?と思ったところにあった階段。登って行くと正しく寶生寺、左上右、左下:本堂、やや小さなお寺でした、右:正門から降りました
画像


§7.弘誓院/福禄寿、うんぬんしきそわか
 弘誓院は寶生寺のある山の北北東側にある位置関係ですが、ぐるっと回り道して。弘誓院に到着。偶然出てこられた住職様と目線が会ってしまいました
画像


§8.おまけ
 上:蒔田へ向かいましたが、バス通りには商店が続きます、下:鎌倉街道に出て、つけ麺食べようと思ったら,
はるきは?閉まってました#休みでなく、昼の休憩だったみたいです
画像

 今日の出会い 上:ホトトギス、ツワブキとシュウメイギク、下:タマスダレ、風船唐綿 (ふうせんとうわた)、クロツリバナ
画像

 左上:帰りがけにあんぽんたんのあるそばの銭湯へ、ゆっくり浸かっていると、右:出たらもう夕方。ビールを飲もうとうさぎさんへ#1週間ぶりの居酒屋、左下:P610をついぽちして購入してしまいました。クレジットが使えるサイトであと2台とか言われると弱いね〜でもクレータを撮影できました
画像


ポイント
・七福神は正月の何日かでのお祭りですけど、実際に回ってみようと思うと、いろいろと#季節じゃないからかもしれませんが、案内が少ない所が多いですが、何とかその場に行けてみると、それなりの感動があります。磯子七福神は、”宝”とか”蔵”とか”金”とかが名前のお寺が多く、めでたい気分です
・磯子七福神は、高野山真言宗と書いてないお寺もあり、途中疑問で終わりましたが、調べてみると、湘南七福神に引き続き、また高野山真言宗だけのお寺巡り
・七福神の説明を加えておきましょう
 ・恵比寿尊:イザナミ・イザナギの間に生まれた子供を祀ったもので古くは「大漁追福」の漁業の神である。時代と共に福の神として「商売繁盛」や「五穀豊穣」をもたらす神となった。唯一日本由来の神である。おんいんだらやそわか[
 ・大黒天:インドのヒンドゥー教のシヴァ神の化身マハーカーラ神。日本古来の大国主命の習合。大黒柱と現されるように食物・財福を司る神となった
 ・毘沙門天:元はインドのヒンドゥー教のクベーラ神。戦いの神であったが、仏教に取り入れられてから、福徳増進の神としてしだいに民衆に信仰される。日本では毘沙門天(ヴァイシュラヴァナ)と呼ばれる
 ・弁財天:七福神の中の紅一点で元はインドのヒンドゥー教の女神であるサラスヴァティー神。仏教に取り入れられ、音楽・弁才・財福・知恵の徳のある天女となり選ばれた。七福神の一柱としては「弁財天」と表記されることが多い。
 ・寿老人:道教の神で南極星の化身の南極老人。日本の七福神の一人としては白鬚明神とされることもある
 ・福禄寿:道教の宋の道士天南星、または、道教の神で南極星の化身の南極老人。寿老人と同一神とされることもある。長寿と福禄をもたらす
 ・布袋尊:唐の末期の明州(現在の中国浙江省寧波市)に実在したといわれる仏教の禅僧。その太っておおらかな風貌が好まれ、手にした袋から財を出し与えてくれる。弥勒菩薩の化身ともいわれている

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

近々の山行予定 -16/2/4 更新

151021横浜磯子七福神+はるき休み!+アクアスポットニュー松の湯 denの段だらウォーキング日記 4冊目/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる