denの段だらウォーキング日記 4冊目

アクセスカウンタ

zoom RSS 151010尾瀬ヶ原草紅葉散策+花咲の湯

<<   作成日時 : 2015/10/11 00:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

行程:新宿=(フジメイトトラベル)=戸倉尾瀬高原ホテル/朝食=鳩待峠→山ノ鼻→龍宮十字路→見晴・桧枝岐小屋/昼→元湯小屋→東電小屋→ヨッピ橋→牛首→山ノ鼻→鳩待峠=花咲の湯=原田農園=新宿。387分、約22.1Km

今日は尾瀬ヶ原で草紅葉を楽しもうと出かけました。シーズン終了ももう1-2週間という時期ですけど、今回は3連休と重なり、宿泊するつもりでしたが不可!泊って至仏山の予定だったのですが、また来年ですね
☆今日の1枚は、あまり見たことがないだろう”凍みた”草紅葉とか、暖かくなって色付き始めた草紅葉とか、迷いましたが、朝日と靄と尾瀬ヶ原と、その向こうの燧ケ岳
画像

<概略ルート>#今回は鳥瞰図も貼り付けておきます。東電小屋の裏山辺りから尾瀬ヶ原を見てます。満遍なく歩きました
画像

コラボ:HOSさん、まささん

§1.龍宮十字路辺りまで
 左:140614に利用した夜行バスで行き、中、右上:途中高坂、右中:赤城高原で休む、右下:大きな梨があったが、今買うわけには…#いろいろと帰りに回ったけど売ってませんでした
画像

 上左:バスは4時に戸倉の尾瀬高原ホテルに到着、寒い!半袖で来たので急ぎ長袖とアウターを出す。予約していたまいたけ弁当を朝食代わりに。5時には鳩待峠につきました。暗くて歩けない#三日月(実際は27日月)と明けの明星は金星V#月の金星に対して左側の法線上に木星Jも見えている、下右:至仏山には朝日が当たってきたみたい。ちょっと尾瀬ヶ原でご来光とは行かなさそうだ、左下:30分程待ってスタート
画像

 紅葉はまだ起きてません。明るくなってきたと出発はしましたが、まだ暗くて紅葉は映えません
画像

 30分も行くと、漸く色付いた様子を見せ始めた
画像

 もう直山ノ鼻の辺りはいろいろな色が見えてうっとりです。右:山ノ鼻に到着しましたが、水場で昼のコーヒー用の水を汲み#すでに2張りテントが張られて、もう2つ設営し始めた
画像


 左:尾瀬ヶ原へ出ると、ガスっています#尾瀬ヶ原はすり鉢状なので冷たい空気は草原にたまるのか?、草紅葉を見れると思ったら、他:白く凍っている?、”凍み”紅葉状態#霜が降りただけみたい、中上:大きいね?ミヤマアキノキリンソウかハンゴンソウの枯草?、右:カヤ
画像

 上:凍みている花達#コヨウラクツツジ?、ハクサンチドリ?、下:池塘(ちとう)には霜がないみたい?
画像

 上右:実は木道にも霜が降りていて滑る、上左:”凍み”てない水草を確認中の今回同行した3つの影、下:逆さ燧、逆さ隣の山、
画像

 上左:至仏山を振り返るが#今日は燧も至仏も両方見えているから前見たり、後振り返ったり大変だよ、上右:ちょっと行ってみると、至仏も逆さ、下左:牛首の辺り、下右:そのまま真直ぐに行くがガスが濃くなったまま
画像

 上右:しかしだんだん暖かくなり、近い所の視野がよくなる。池塘では鴨の一回り小さい鳥がエサ取り中、下:寒さも弛んで、上ノ大堀川の橋の辺りはすっかり草紅葉に戻って、色付き始めた
画像

 遠くは霞んでいるが、近い所はすっかり綺麗な草紅葉だ、左上:シラカバは黄色が多いけど、段々と茶色になって行くようだ、左下:龍宮現象といわれる左の取水口、伏流して、右の出口へ
画像

 左上:ニホンジカってたぶん丹沢と同じ種類ですね。ここでも害獣です、左下:ちょっと右手のアザミ平方面は、山の木の紅葉と草紅葉のコラボ、中:ヨッピ分岐で龍宮小屋が見えてきて、龍宮小屋到着#10時、右上:寒かったので、お願いして”尾瀬の酒”を御燗を付けてもらい、右中:その先群馬・福島の県境の橋を越えて、見晴へ
画像


§2.東電小屋まで
 だいぶ靄がなくなってきたので、原野のど真ん中を一人占めして、左下:至仏山から燧ケ岳のパノラマ、右上:至仏山方面、右下:燧ケ岳
画像

 左上:弥四郎小屋は100723に燧ケ岳に登った時に泊まった、中:小屋の横に清水、左下:今回は桧枝岐小屋で、右:昼食はラーメンと再び尾瀬の酒#辛口です
画像

 ”見晴から少し足を延ばして、大きなミズバショウの生息地を見よう”って誘って行ってみる、左上:葦(別名:ヨシ)の先に燧、左手にはススキの先に至仏も見える、右下左:東電小屋分岐を先へ行くと、右下右:突然ヘリ来襲。何かしゃべっているがわからない#どうせ熊出るよと想像、右上:温泉小屋が見えて来た#龍宮で三条までどれくらい?って聞いている人がいたが、我々には今日はそんな時間はない
画像

 左:温泉小屋の近くに大木と綺麗なモミジ、右上:温泉小屋だが、この裏の元湯小屋でコーヒーを沸かしていただく、中:時間的には1H位余裕があるが、東電小屋経由で帰路へ。右下:右手の山が紅葉が綺麗だ
画像

 東電小屋への道、この辺り紅葉の落ち葉も素晴らしい。紅葉・黄葉も楽しめました、上右:東電尾瀬橋が、新潟と福島の県境になっている只見川に架かる、
画像

 さらに上右:橋の上から只見川、上左:川を渡ってからの小道#もう直小屋、下左:小屋で少し着替えなど、先を急ぐ
画像


§3.鳩待峠とその後
 下右:ヨッピ橋を渡るが、渡るとすぐに熊鐘があるが、山全体にすごく増えているようだ、上左:逆さ燧が見えるが、風が出てきて波打っている、上右:牛首が見えて来たが、ミズバショウの時は人が一杯だった#朝と違って草紅葉も深い色になってきた、下左:端折って山ノ鼻が見えてきて、下中:前回来た時にも休んだ山の鼻小屋で休憩#鳩待峠でゆっくりしようということで20分位で出発
画像

 上左:水場にはテントが一杯になっていた!、朝には色付きがなかった紅葉が綺麗です、下右:熊鐘の絵を1枚
画像

 上左:至仏山ですが、1時過ぎ何ですが、だいぶ暗くなっている#夕方みたいと話をする、上中:石畳になるとあと10分(だったかな?)、上右:最後とってもきれいな紅葉です、下左:温泉小屋まで足を延ばしたけど、30分前には鳩待峠へ#私はこの日なぜかいつも以上に食欲が旺盛で豚汁+生ビールをいただく
画像

 バス待ちの間に、左:アヤメ平までの登山口を確認、右:前回もツアーで来た時に寄った花咲の湯での時間は45分程度。カラスの行水しかできないのはもったいない
画像


 今日の出会い 左:上から、真弓(まゆみ)の実#(檀とも書く)。昔、この木で弓を作ったので真弓の名になった。今はこけしや将棋の駒をつくるらしい/エゾリンドウの枯れ木も草紅葉だ 黒い実=アマドコロの実と葉っぱが似てるがこれは大きい?/エゾリンドウ
右:?/ミヤマトリカブト、オオニガナ?、吾亦紅だがピンボケ#朝方は霜が降りて白かった
画像

 上:ウメバチソウかな?/ニシキギは葉も実も赤く、大きなミズバショウ/シシウドかハクサンボウフウ?
下:?/利尻山でも見かけたクロツリバナ、温泉の側にあったヤナギハナガサ(柳花笠)、
画像


ポイント
・霜が降った後の草紅葉は誰でも見れる景色じゃないから、よくできましたって高揚しました。朝霧は泊まると必ず見れるので草原を低く流れる姿は一見すべし
・この草原はもともと東電の水力発電用地でいわば東電所有物。東電小屋の辺りの紅葉が綺麗なのには、それなりの理由があったのではないかと勘ぐる
・尾瀬の川の話は以前も触れたように思うが、鳩待峠から降りると川上川を渡り、それが猫又川に合流、その猫又に上ノ大堀川が合流し、ヨッピ川になり、そのヨッピ川が尾瀬沼から流れ出てくる沼尻川(龍宮小屋の辺りを流れている)と合流して、只見川になる#只見湖にそそぐ
・今日まで気が付かなかったが、尾瀬ヶ原は新潟もあるのね!東電小屋は新潟で、ヨッピ橋の南東に3県の境界がある
・鳩待峠から沼田ICまでの道を想定してみた。鳩待峠から帰路は、
 ・鳩待峠は15時スタート
 ・途中、大清水分岐でもある戸倉を経由
 ・片品村役場のある鎌田は、その奥の日光白根山や日光湯元への拠点になります。皇海山も拠点になる
 ・尾瀬高校を右に入り花咲へ。ここは、武尊牧場周辺からの武尊山登山の入口。吹割の滝や老神温泉は、尾瀬高校を真直ぐ南みたいです
 ・片品花咲の湯の先、川場谷地区も武尊アプローチの一つ
 ・原田農園に立ち寄り、関越へ乗る
画像

・コラージュした写真をスライドショーにしてみました
http://photozou.jp/photo/slideshow/3040873/8724320

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
・泉質:アルカリ性単純温泉
・適応症:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき 慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進
・料金:650円/5時間まで
「花咲の湯」の温泉情報
2015/10/12 23:21
denさん

最近、遠出の記事多く自分はなかなか行けないので知らない所を知れて自分も行った気分で楽しませもらってます。高い山はもう寒そうですね!
まーちゃん
2015/10/15 22:32
まーちゃん。コメントありがとうございます。
まーちゃんもクライミングいっぱいですね。またそのうちに情報交換しましょう。鳥千代が夕方からしか開かなくなりました。
den
2015/10/16 06:51

コメントする help

ニックネーム
本 文

近々の山行予定 -16/2/4 更新

151010尾瀬ヶ原草紅葉散策+花咲の湯 denの段だらウォーキング日記 4冊目/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる