denの段だらウォーキング日記 4冊目

アクセスカウンタ

zoom RSS 150930三浦七福神

<<   作成日時 : 2015/09/30 22:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

行程:三崎口→妙音寺/鶴園福禄寿→215号→圓福寺/恵比須尊→三浦霊園→慈雲寺/毘沙門天→毘沙門湾→宮川風車→三崎港→海南神社/筌籠弁財天→三崎海楼/昼→見桃寺/桃林布袋尊→諸磯記念碑/お茶→小網代→白髭神社/長安寿老人→初声の畑→三戸浜→三戸の畑→延寿寺/寿福大黒天→三戸の畑→三崎口。317分、25.7Km

今日は、ひままかせに、三浦七福神巡りしました。七福神めぐりの専用サイトなどありますけど、コースが今一つ!地図付きで紹介されているのが少ないので、自分でルート考えて、GPSに入れて行ってみました。23.7Km/11時間位で紹介されていましたので、疲れました。
☆左から順に、妙音寺/鶴園福禄寿・圓福寺/恵比須尊 慈雲寺/毘沙門天・海南神社/筌籠弁財天 見桃寺/桃林布袋尊・白髭神社/長安寿老人・延寿寺/寿福大黒天
画像

<概略ルート>#地図を拡大すると、寺社の名称などわかります

§1.妙音寺
 左上:三崎口駅からスタート、左下:先へ行くと大楠山から三浦富士などの山並、右:三崎口から電車が出て行った、妙音寺は飯盛地区にあります、無人販売所がありますが、行先の看板も
画像

 上左:妙音寺はお花の山でも有名です、上右:山頂に大日如来が見えます、下:山門下
画像

 左上:寺院の見取り図、中へ入ると、右上:梵語の経文がありますね、左下:ここに6個三浦七福神のプレートがありますが、このことがここへ来ると1か所で回ったのと同じということらしいです、実際に1枚にまとめられた御朱印の色紙も売られていました、右下:山門を出ると前に、千手観音などと空海の像とお砂踏み巡礼#四国八十八箇所
画像


§2.圓福寺
 上左:妙音寺のすぐ横に飯盛神社、左下:畑では畝を掘って、何かを巻く準備中#もち大根でしょうか?、右上:海抜が低いのですが、水源池がありました、右下:このあたり馬頭観音は多いのですけど、近くに永楽寺
画像

 上左上:永楽寺のすぐはす向かいには法昌寺、上中:またその右手には白山神社、上左下:先へ行くと215号に出合、中:向こうに千葉が見え、少しそのまま歩いて行くと、上右:役場前バス停から右手へ行けて、この分岐は左へ
画像

 左上:圓福寺の正門、右上:さらに中へ、左下:本堂です、右下:本堂に七福神の説明文がありました
画像


§3.慈雲寺
 左上:圓福寺から南へ向かうと、走湯神社#走水ではなく、道なりに行くと、右上:清傳禅寺、右中:かっぱの証文というのがありましたが、左下:カッパが出たのはこの川でしょうか?、右下:右手に白い神社の鳥居が見えましたが、ちょっと遠いな
画像

 JAの集荷場がありましたが#10tトラックが何台か停まってました。大量運搬するんですね、上左:その辺りに庚申塚、左下:GPSの地図ではここに池があるはずですが、畑ですね、上右:さらに上って行くと、三浦霊園前へ#それほど広くはないみたい、右下:先へ行くと道は畑の中の農道を通ります
画像

 畑の上は眺めがいい、下右:大島が左手に見えて、上右下:風車方面、上左:岩堂山、上右:富士山と、下左:だいぶ先へ行って、この畑地帯の終点へ、
画像

 左上:道なりへ行ってみると、こんな細い道の先に、お堂が見えたと思ったら、右上:慈雲寺でした、右下:剱崎灯台の先に白浜毘沙門天がありますが、あちらは無人ですので、御朱印はこっちみたいです
画像

 上左:今回はそのまま毘沙門湾へ降り#ゴミだらけです、上右:道路端に、龍宮神社、下:毘沙門橋
画像


§4.海南神社
 上左:橋を渡ると、もう宮川で、BIMAとはバイオマスのステーションみたいです、上右:風車ですけど、風があるのに、奥しか動いていない!Why?、下左:宮川大橋、宮川小橋、宮川橋を立て続けにわたり、下中:宮川湾にある”まるよし食堂”で、”のりはば”食べたいなとも思いましたが、下右:やはり今日は三崎でマグロでしょう!
画像

 ちょうど三浦海岸行きのバスが来ましたが、上左:相変わらず通りに近い寺社を回って、円覚寺、上右:三浦半島じゃあ有名なプロパンガスの相模の太陽光発電所らしい、下左:城ヶ島大橋の高架を潜って、下右:三崎港へ
画像

 上左:港への階段を降りて、行ってみると、上右:こんな無名の神社もあった、下左:城ヶ島大橋が見えて、下右:港の先端を一周して、三崎のバスターミナル
画像

 もう12時を過ぎたので、どっかでマグロと思いながら物色するが、海南神社へ出てしまう#今年1月にビビ♪さん夫婦と来たばかり、右下:その時にはわからなかったが、疱瘡神社というのがあった#入口の左奥
画像

 やはり神社を出て右手の階段を行ってみると、上:浄称寺、上右:反戦主義らしいニュース、バス通りへ降りて、下左、下右:圓海山大乗寺というお寺、やはり昼食べようとウロウロしたが、左下:圓照寺まで行ったが飯屋がない!#やはり港まで戻るしかない
画像


 港に戻り、左:コンビニの先にあるこの店に、右下:マグロ三種のちらしを注文した#廻る”すす”なら、3皿位できる位の大きな1切れの切り身だ!お腹いっぱい
画像


§5.見桃寺
 お店を出て、上左:圓照寺まで戻らなくとも、山道を上がって行くと最福寺、西の眺めがいい、下左:さらに北へ行くと住吉神社、上右:降りて北へ行くと長善寺、下右:西へ行くと前に来たことがある桃林の標識が見える
画像

 見桃寺へは友人と今年1月に来た
画像


§6.白髭神社
 北へ向かい、次の小網代湾を目指すが、上:途中眞福寺、下:屁っぷり坂を登り、
画像

 左上:諸磯遺跡なんていうところを通ると、左中:庚申塚があり、その奥に酒屋がやっている喫茶店へ#普通にコーヒーを飲みましたが、山桜姫という徳利が気になりました。販売してましたが、3000円と高いのでパス、中:ふれあいの道標へ出て、右上:諸磯のヨットハーバー、右下:油壷のヨットハーバー
画像


 油壷には寄らず、そのまま小網代へ向かい、左上:永昌寺に寄り、左下:ヨットハーバーへ出て、右上:この庚申塚は以前も見ているが、草が刈られて綺麗になってる、裏手に回って、右中:神社と、右下:海蔵寺だ
画像

 やっと、6つ目、白髭神社へ#もう3時だが、延寿寺から三崎口に回るとまだ2時間はかかるかな?
画像


§7.延寿寺
 上左:ここから黒崎の方へ行くには、小網代の森を抜けて、三戸浜を経由して三戸の畑から降りた方がいいと思うので、そういう設定をしているけど、下左:HCが整備されていて前来た時と様子が違う、上右:人が何人かいるけど、そばへ行ってみるとボランティアの説明ガイドさんが2名はいた、上右下:湾を北側へ回って磯へ、下右:フナムシかな?走らず、海の中にいる
画像

 山道へ入ると、以前来た時とみちは変わっていないが、左上、左下:湾の入江への道が明確、どこまで行けるんだろうね?、今回はパス、右下:そのまま北へ抜けると初声の畑の隅へ
画像


 畑も以前歩いているのでできるだけ最短で三戸浜へ行きたいが、余り右手に行きすぎると三崎口へ行ってしまうので、それを気にしながら、上右:うまく庚申塚を抜けて、下:光照寺へ
画像

 更に三戸浜の南端に。この辺も寺社が多いが、中左:次は霊川寺へ#寶徳寺が見つけれなかった。この後トイレ休憩して、
画像

 上左:上諏訪神社の前、上右:火の見櫓の隣にもトイレがあったんね、下左:福泉寺に寄って、下右:三戸の畑へ
画像


 畑を降りて行き、延寿寺へ。ここも何度か来ている
画像

 左:近くに実相寺があり立ち寄って、また三戸の畑へ登ったが、夕焼けになりそうな雰囲気。右下左:三崎口へ着くと、高等工科学校の演奏会があるみたいです。 ※おまけに近いですが、右上:三浦アルプスの晩夏、右下右:なんとなだしおがいません!売れたんでしょうか?
画像


 今日の出会い#名前は別途
画像


ポイント
・今日は七福神めぐりが目標ですけど、歩くルート上にある寺社もできるだけ回ろうと、結構地図とにらめっこしましたが、1万分の道路地図を持っているので、重いけど持って行った方がもう少しまわれたかな?でも最後まで端折らないで、頑張って回ってみました
・三浦七福神は、何度かこの地に来ているので、行ったことがなかったのは、妙音寺と圓福寺だけなんですが、それを頭に回して、いつリタイアでもいいかなって歩いてましたが、歩いた実測は5時間ちょっとでしたが、昼食や休み時間入れるともう1時間ちょっと、6時間半ですね。長いです#チャリで回るってのもいいかな?
・しかしこのコース、今まで一番長いのが30Km越えていたと思いますが、今回25Kmもかかり、長いですけど、国道でトラックがバンバン走るような道じゃないので、のんびり歩けるルートです。おすすめです
・七福神めぐりは、川越、武蔵五日市、山形市につづき4つ目かな?鎌倉とか藤沢、磯子、瀬谷、平塚、都内もいっぱいあるし、タグを起こしました

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

近々の山行予定 -16/2/4 更新

150930三浦七福神 denの段だらウォーキング日記 4冊目/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる