denの段だらウォーキング日記 4冊目

アクセスカウンタ

zoom RSS 150822西吾妻山。天元台〜グランデコ

<<   作成日時 : 2015/08/23 06:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

行程:横浜=(ドリームふくしま・横浜1号)=福島=(JR奥羽本線)=米沢=(山形交通バス)=湯元=(天元台ロープウェイ、リフト)=北望台→かもしか展望台→大凹→梵天岩→天狗岩→西吾妻山屋→西吾妻山→西大巓→グランデコゴンドラ山頂=(送迎BUS) =猪苗代駅。283分、約7.2Km

今回は、吾妻山は当初1泊での計画でしたが、日帰りにして、もう1座歩こうと計画を変更しましたが、公共機関を使うとどこからアプローチしても10時に登山開始、そして帰りの交通機関がないという結果に。つくづくよく考えてみましたが、結果上記のルートになりました。それでもリスクは残り、@台風の影響で雨は必至で、降り方によっては、逃げ場がないという状況になる、Aまた途中でブレーキになると、グランデコの送迎バスに間に合わない=帰れない、と思いながらの散策。白布温泉上の天元台からグランデコまで5-6時間ですが、兎に角計画通りに歩くしかない。
☆今日の1枚は、べこ。磐越西線の列車に貼り付いています
画像

<概略ルート>

§1.天元台まで
 左上:横浜から深夜バスですが、先日岩手に行った時と同じバス停#盛岡行きの人も並んでいます、左下右:バスはデラックスで3列、おまけにスリッパが付き、カーテンが下がっている、左下左:バスは東京駅で大量に人をピックアップして、右上:翌朝5時前に郡山、右中:6時前に福島へ。右下:福島駅前ではもう雨が降っています
画像

 上左:今回の荷物#登山靴と防水のサブザック、上中:奥羽本線の峠駅、昔は普通電車に乗るとスイッチバックをやって峠越えしていました、上右:峠といえば釜めし?いいえ、ここは力餅、下:米沢駅前です。
画像

 左上:バスまでの時間がないので、すぐにバス停へ、左下:鷹山の記念館ですかね?、右上:正宗が芦名を攻めた時に通った街道は、今は西吾妻スカイバレー、右下:白布温泉湯元駅に到着、ロープウェイとリフトの片道切符を買う。中に中学生が一杯いて、満杯。団体の方が多くすぐ乗させてもらえました
画像


§2.天元台から山頂
 上中:途中新穂高温泉が見えた、上左:天元台高原のレストハウスと地元の中学生が一杯、上右:レストハウスの前に芋汁の看板、寄りたいが…、下左:左手の方に山々に雲海が広がる#蔵王山や宮城県最高峰の屏風岳のようだ、下右:鐘の向こうに見えるリフトに乗る
画像

 上左:三機乗換えていきますが、天元台に雪がない時には来たことありませんが、ゲレンデはお花畑ですね、上右:終点が見えて来た、下右:スキーなら、終点から左へ降りてくるとこの急斜面と、下左:リフトの下を抜けて、この緩斜面へ続く
画像

 上左:北望台1820mに到着、少しゲレンデを行ってみると、山並みが見えるがまだ蔵王山方面、下左:南北逆ですが地図を貼り付けておきます、下右:登山道へ向かいます
画像

 上左:入るとすぐに人形石(左)分岐、上中:雨が降ったのか岩が滑りやすい、上右:ここが、かもしか展望台?道標は読めないが、雨は上がったようだ、中:眺望がいい#まだまだ蔵王山方面、下中:木道が始まって、下左:左手に中大巓(なかだいてん)、下右:右手に西吾妻山
画像

 左上左:少し痛んでる木道、左上右:湧き水が滴り落ちている、左下:人形石分岐辺り(2つある)、正面に左吾妻山、中吾妻山、その奥に安達太良山の奥の和尚山が見える#安達太良は中吾妻の陰みたい、右上:少し降りて、もう一つの分岐、右下右:行く手はしばらく水平&お花畑。道の先森林帯の入口辺りに団体のハイカーがいる#大凹の辺りか?
画像


 上:その大凹の辺りに来て振り返ると中大巓までナイスビュー、中右:大凹の水場だが、どうも涸れている、下右:岩ゴロの道になって、中左:登り切った辺りで振り返ると、中大巓から東大巓の稜線が見える、下左:前方を見上げれば岩場が見えるが、足元は綺麗に削られた石畳#箱根の石畳よりも粒揃いだ
画像

 左上:岩ゴロの場所が、左中:梵天岩、左上:目指す西吾妻山、右上左:赤い紐の付いている方に行くと、途中に山頂への分岐があるはずだが、神社に引きつけられて分岐に気が付かないで、右下:天狗岩の方へ行ってしまった#この辺りから西吾妻への道があったのかな?、右中:吾妻神社へと近づくと風が強い
画像

 上中:天狗岩から降りると、若女平分岐#振り返り写真、左へ行くと白布温泉、上右:西吾妻小屋(避難小屋)ですが、時間がないのでパス、下中:西吾妻への分岐、下右:ここも木道が壊れている
画像

 上左上:木道が終わり山道へ、上右:10分ほどで山頂へ。眺望がありません、上左下:女性が一人休んでおられ、少し話をしましたが、”西大巓へは一旦降りて登り返すと。結構な急登で、富士山みたいな砂交じりだ”とお聞きしました。足の遅い私はすぐ下山、下左:下山口から小屋の方面が見える、下中:西大巓へ#振り返って、下右:西大巓への下り、水浸しです
画像


§3.西大巓〜グランデコ
 左上:正面に磐梯山が見えた、左下左:あれが西大巓ですね、なるほど難所です、左下右:この辺りに水場があり、水を補給、右上:左手には安達太良山がやっと見えた、右中、右下:西大巓へ
画像

 上左:西大巓山頂から磐梯山方面、下左:カシミールで同定すると、明日予定している額取山が見えるはずのようだ、右上:今13時ちょうど。グランデコへ降りますが、残り時間は2時間50分位#まぁ余裕だと思ったら、雨で湿った岩とドロがなかなか手こずらせる
画像

 左上:樹林帯を滑ったり転んだりで、靴は泥んこで、ようやく視野の開けた広い所へ出ると、スキー場の一番上のリフトの横に出た、左中:お花畑です、左下:磐梯山の手前に小野川湖?が見える、右上:ゴンドラも見えて来た、右下左:ゴンドラ駅に到着、14:25なので、1時間以上余裕があるので、右下右:昼飯にする#そうなんです、また昼飯食べてない
画像

 上左:6人乗りのゴンドラで15分位、上右:山麓駅の売店でMAPを見たがバス停がわからないので、中で聞いてみると、”グランデコの送迎バスは前日の20時までの予約制”と言われてしまったが、しかし売店の女性スタッフが交渉してくれて、席を確保してくれました。”ありがとうございました”。下上左:このマイクロバスで送ってくれたのは男性スタッフ。私たった一人でしたが、下上右:猪苗代駅まで送ってもらいました。下下左:もうマイクロバスはいませんでしたが、後方は磐梯山、下下右:猪苗代駅ですが、野口英世の生誕の街です
画像


§4.今日の出会い#上の段、左から右/中の段/下の段、左から右の順に。名前はまた別途
 上:(モミジ)カラマツソウ、ウメバチソウ、ウメバチソウ、ウメバチソウ
 中:ギンリョウソウ
 下:?、ヤマハハコ、ハクサンボウフウ?
画像

 上:ガクアジサイ、ウメバチソウ、ヤマコゴメグサ?
 中:ヤマコゴメグサ?
 下:イタドリ?、ガクアジサイ?、コバイケイソウ
画像

 上:クロヅル、キツネノバオタン、イワオトギリ
 中:エゾシオガマ
 下:ジシナリ?、アキノキンソウ、?
画像

 上:ネバリノギラン?、ナナカマド、?
 中:ゴゼンタチバナ
 下:ガマズミ、カンゾウ、チングルマ
画像

 上:ヨツバヒヨドリ、ヨツバヒヨドリ、ネバリノギラン
 中:ヨツバヒヨドリ、オヤマリンドウ
 下:フデリンドウ?、フデリンドウ?、オヤマリンドウ
画像


ポイント
・予定時間通りに踏破できました。グランデコへの降りが岩と土の山肌で、苦労しました
・米沢といえばいろいろと名物があり、列挙すると、社会人の最初のころのユーザーがいた小国町にいて#井上ひさしの吉里吉里人のモデルのような町、年4-5回は来た。その時米沢を通った、米沢牛の牛丼弁当、タコ糸を引っ張って暖めて食べるのにはびっくり#燗娘と同じ、すっかりファンに。スキーで天元台へも何度も来た。上に泊まったり白布温泉の◯屋にも泊まった。興譲館、上杉鷹山などの歴史。米坂線は昔は新潟から仙台まで急行が2往復#なくなると各停が6本位になってしまい、陸の孤島に

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

近々の山行予定 -16/2/4 更新

150822西吾妻山。天元台〜グランデコ denの段だらウォーキング日記 4冊目/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる