denの段だらウォーキング日記 4冊目

アクセスカウンタ

zoom RSS 150828岩木山 。8合目からピストン

<<   作成日時 : 2015/08/28 22:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

行程:東京駅=(JAMJAM Lines)=弘前=(弘南バス)=嶽温泉=(シャトルバス)=岩木山頂(八合目)=(津軽岩木リフト)=鳥海噴火口(九合目)→鳳鳴ヒュッテ→岩木山山頂→九合目→八合目→休憩所=(シャトルバス)=嶽温泉=(弘南バス)=弘前=(JR)=青森。99分、約2Km

今回は青森遠征。また夜行でやって来ましたが、今夜は今迄の23時横浜でなく、21時東京なので、ゆっくり御飯食べてなどの余裕がありません。夜行バスが木曜と金曜で2-3000円も違うので、木曜日に移動してきました。岩木山(いわきやま)は、まだ若かったころに仕事で、五所川原市に来ていたころに、横殴りの雪や、道幅を示す標識、吉幾三邸、そしてリンゴ畑の向こうの岩木山を見たことなど思い出します。
岩木山は6つのアプローチが可能ですが、一番ecoな九合目までバスとリフトを選択しました
☆今日の1枚は、久しぶりに、まずまずの天気の中、山頂から日本海。五能線に沿って、海岸線には北金ヶ沢の港と半島は千畳敷、火曜サスペンスなどで出てきそうな場所
画像

<概略ルート>

§1.弘前からの八合目へアプローチ
 左上:あんぽんたんで飲んでから行ってしまい地元でコンビニに寄る時間がなく、バスは鍛冶橋駐車場 で、有楽町の方が近いと思ったが、やはりコンビニがみつけれなくて、夕食と明日の朝食を調達できない。幸先やばい、左下:夜行バスは21:00発、右上:今回で3回目の3列バスですが、リクライニングが一番利いた、右下:途中トイレ付きなのに、3ヵ所(佐野、鶴巣、岩手山)でトイレ休憩して、
画像

 左上:6:50には弘前駅東口へ、左下:路線バスは西口なのでコンコースを反対側へ#立派な駅舎、バス乗り場は6番とわかったが、どこ行きに乗ればいいかがわからない、タクシー乗り場で聞いたら、運転手さんが弘前弁で全然わからない?、乗り場に停まっていた別の行先のバスの運転手に聞いて、漸く理解、右下:”枯木平”行きバスが来る(7:11)、初めての弘前にどぎまぎしたけれど、なんとか目的地へ出発
画像

 岩木山は3つの頭の山なので、移動すると、山の形が変わる#左上(弘前市内)〜左下(運動公園付近)、右上(嶽温泉では平らですね)〜右中(スカイライン入口)〜右下(弘前へ戻って)
画像

左上:途中、岩木山神社を通過#ここから岩木山神社ルートがある、左下:50分ほどで嶽温泉へ、右下:左下の裏側、
画像

 シャトルバスまで20分ほどあるので、街中を散策、左上:縄文人?、左下:マタギ?#左手に行くと嶽温泉コースらしい、右上:竹の子押し寿し、右下:アパートみたいな1階に郵便局、ユニークな街です
画像

 左上:ミズ、左下:マタタビ、右上:”あどはだりする”せんべい、右下:そして、”嶽きみ”#SNSの友人達にいろいろと教えてもらった。お世話になり、ありがとうございました。これまた食もユニーク。帰りに食べよう
画像


 中:シャトルバスがやってきて、20分程で八合目へ、左上:休憩所の屋上には展望台があり、左下:山頂が望めます、右:スカイラインの標識、
画像

 上:海岸の方向、下:スカイラインから白神山地#中央左のピークが白神岳
画像


§2.山頂へピストン
 上左:リフトで九合目へ、上右:振り返ると休憩所が見える、下左:山頂が見える、下右:九合目の小屋の様子#他サイトから借用。ここで支度をして登山開始#肌寒い
画像

 上左:歩き始めると一旦降り、上右:噴火口跡、下左:少し雲が湧いてきたかな?、下右:散策ルートは、ロープで仕切られて岩ゴロ
画像

 上:鳳鳴ヒュッテが見えて来た、下左:左上の岩をアップ、下右:鳳鳴ヒュッテの右手に大倉石というのがあり、
画像

 そっち行ってみると、上左、下左:遭難者の慰霊碑が、上右:その辺りから山頂を望む、下右:鳳鳴ヒュッテも慰霊を目的にしている
画像

 上左:”右登り”があり、降りには”右降り”がある、上右:上の写真の上右の岩場からのパノラマ、下左:急登に入るが、下右:駐車場、リフトの九合目、噴火口、鳳鳴ヒュッテ、遠く白神岳が一望
画像

 上左:山頂へ、上右:この右手に、神社があり、下左:その奥に避難小屋と社務所(かな?)があった
画像


 岩木山はいくつかの登山ルートがあり、上:赤倉ルート、下左、下中:弥生ルートを確認、下右:うさぎのふんか?
画像

 上左:雲の向こうが鯵ヶ沢ルート#鯵ヶ沢っていえば舞の海の故郷だっけ?、下左:山頂の参画よりも左側の尖がりの方が高くないか?、上右、下右:雲が出てきて、眺望が悪くてなってきたので、そうそうに下山。”右降り”で行くと、少しルートが変わって、新しい難所もあり、岩が割れたり、ひびが入ったり
画像

 左上:すごい尖がりの岩や、左下:火山でよく見かける赤っぽい岩、右上:噴火口に戻ってきたが、右下:その辺りに地元の元気のいい中学生が一杯いた
画像


§3.嶽温泉・弘前へ戻り、青森へ
 リフトからの様子、左上:鯵ヶ沢方向、右上:白神山地#いずれ行きたいですね、下右:リフトを降りると嶽温泉ルートの標識を発見、下左:バスは中学生が乗ってきたのかな?しかし自衛隊基地が近くにあるけど、何しに来ているのだろう、下中: パノラマが撮れた
画像

 左上:嶽温泉に戻ると、20分ほどでバスが来る#その後は2時間後、左下:マタギ飯とお湯と思いましたが、時間がないです!足湯にでもと思ったが手を入れてみると無茶熱い!我慢できる熱さではない、右上:嶽きみとリンゴジュースを買ってバスに乗る、右下:途中秋田大の前を通る#後輩が働いています
画像


 上左:弘前駅へ戻り、電車で青森へ向かう、上右:途中岩木山の山頂がどう変わるか撮影したかったけど、もうすっかり雲の中、諦めて、下:青森へ
画像


 本日の出会い
 上:ヤマハハコとアキノキリンソウ、マルバシモツケ、?
 下:タンポポ?、?、ハクサンボウフウorシラネニンジンかも?
画像

 上:アキノキリンソウ、ダケカンバ、イワオトギリ
 下:アカモノの実、ベゴニア、ベゴニア
画像


ポイント
・弘前はたくさん温泉#嶽温泉、湯段温泉、百沢温泉 があって、入らずに帰るのはもったいないけど、時間がない
・そういえば”奇跡のりんご”って映画化されましたけど、木村さんのリンゴ園 木村興農社では、今でも生産を続けているようです。岩木山で光る木を見付けて、無農薬のヒントを得たわけですが、どの尾根なんですかね?
・あまり聞いたことがなかったけど、岩木山では、登山時は、”懺悔懺悔(サイギサイギ)、六根懺悔(ドッコイサイギ)、御山八大(オヤマサハツダイ)、金剛道者(コウゴウドウサ)、一々礼拝(イーツニナノハイ)、南無帰命頂礼(ナムキンミョウチョウライ)”と唱え、下山時には、”跋折羅(バダラ、バサラ)”と唱えるらしい。登山後知ってしまいました
 →SNSの方に教えてもらった新情報。9/12という来週ですが、”お山参詣”という祭りがあり、その時に山登りする時に唱えるのが上記の言葉のようです
・今回もバスの移動時間が長いので、携帯を高速移動と登山中、飛行機モードにしてみましたが、電池の減りが全然違います。岩手・福島では、昼までには電池がなくなって、使おうと思ったら電源さえ入らない事態になってしまいましたが、今回は反省してみました。SNSなどへの反応が鈍りますけど、使いたい時に使えないのでは困る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
何気なく、マタタビ売っていたので写真を撮りましたが、猫用のは見たことがありますけど、あんなに一杯はいらないでしょうと思って、今頃調べたんですけど、塩漬け、みそ漬けや焼酎漬けなどにするみたいですね。生でも食べれるってことでした。
den
2015/09/01 22:23

コメントする help

ニックネーム
本 文

近々の山行予定 -16/2/4 更新

150828岩木山 。8合目からピストン denの段だらウォーキング日記 4冊目/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる