denの段だらウォーキング日記 4冊目

アクセスカウンタ

zoom RSS 150711大菩薩嶺。バスが混んでてんてこ舞い

<<   作成日時 : 2015/07/11 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

行程:甲斐大和=(BUS)=上日川峠→福ちゃん荘→富士見山荘→勝縁荘→大菩薩峠/昼→親不知ノ頭→神戸岩→雷岩→大菩薩嶺→雷岩→福ちゃん荘→ロッジ長衛荘→上日川峠BS=(BS)=甲斐大和=(はまかいじ)=横浜。223分、約7.6Km+α(600m位)

今日は、夏は活動中止の山の会ですがオプションで、ちょっと高い山へ行けば涼しいよってことで、大菩薩に行ってきました。当初計画では、上日川峠から大菩薩峠、小金沢山、湯の沢峠の予定で、甲斐大和へ向かいましたが、バスが大混み!臨時バスが50分遅れできましたが、当初予定を取ると下山が19時ごろになりそうなので、急遽大菩薩峠から大菩薩嶺、上日川峠のトライアングルウォーキングに変更。しかし久しぶりの雨でない天候にも恵まれて、楽しい散策を行えました。
<概略ルート>
#ログが最初の十数分うまく取れていません。悪しからず
コラボ:YAMさん、いーさん

§1.大菩薩峠
 甲斐大和から上日川峠行きの栄和j交通のバスですが、超満員&増発便が全然来ない、暑いなどという災難に遭遇して、計画を変更#帰りの終バス15:45までに戻る計画に
画像

 左上:バスはロッジ長衛荘前に到着、トイレなど済ませて、右:ここから山道へ入る#右手は福ちゃん荘の車道、左下:陽射しがありますが、日影は涼しいです
画像

 左上:福ちゃん荘へ到着、右上:標高が書いてありますが、山小屋で標高は珍しい、左中:富士見山荘ですが、もう朽ちているようです。左下:富士山が見えます(中央上、雲の辺り)#同じルートを歩いた080802と、紅葉の時期に歩いた081012も併せてご参照ください
画像

 左上:南下してきた道が東へ曲がる辺り、峠はもうじき、右:1時間程度で大菩薩峠へ#今日は団体のハイカーが多かったです。隣国の10数人の方々や、クラブツーリズムの4-50人の団体、左下:ちょっと予定より早いですが昼食、
画像

 峠の辺りからの眺望、上:大菩薩峠から上日川湖の方に富士山が見える、中:拡大すると頭だけ見える、下:塩山温泉郷の側の塩ノ山が見える、
画像


§2.大菩薩嶺へ
 左:ここからは進路を北へ取り、大菩薩嶺へ。ここからはちょっとした岩場の道に、右:左の写真の上の方の岩場から振り返る、なかなかいい眺め
画像

 ゴロゴロを登って行き、振り返ると、今日の元々のルートである小金沢山や牛奥ノ雁ガ腹摺山の山並みが見えて来た
画像

 もう少し上から#富士山がもう見えなくなってしまいました(涙)
画像

 →ついでに山岳同定しておきましょう
画像

 左:親不知ノ頭#この辺り紅葉の時期には萌えます、右上:賽の河原へ降りて行く、右下:妙見ノ頭(みょうみのかしら)から振り返ると、また富士山が見えた#手前は親不知ノ頭
画像


 左下、右:2000m地点の標識辺りから、左上:富士山の見える(頭だけですが)景色を堪能して、
画像

 神部岩の前へ出て、パノラマ
画像


 上右:雷岩へ到着#唐松尾根分岐、下:大菩薩嶺へ、上右:まだ富士山が見える
画像

 大菩薩嶺は2057mの百名山、
画像


 唐松尾根も岩ゴロで慎重に降りましたが、上左:写真1枚もなしで、福ちゃん荘へ、下左:テン場に幾張がテントが、下右:バスまで1時間近くあるので軽く打上げ
画像

 左:山道を避けて、車道をロッジ長衛荘へ、右上、右中:ロッジ長衛荘のお土産品、右下:上日川ダムの方に自然観測歩道ってあるんですね
画像


 おまけの1枚。左上:行きで特急から普通に乗り変えましたが、大月の待合室に富士山の溶岩が置いてありました、左中:計画では湯の沢峠かやまと天目山温泉でタクシーを呼ぶ必要があるので電話番号をメモ、右:帰りの乗換でまた大月、女性の駅員ですが、中国訛りの人でした、左下:うまい具合に”はまかいじ”に乗り換えれるめぐりあわせでしたので、そのまま横浜へ戻ってきました
画像


 今日の出会い
 左:ニショクウツギ、マルバタケブキ、オトギリソウ、
 右:(キバナヤマ)オダマキ、フクシア、釣浮草、fuchsia#福ちゃん荘の前にあったように記憶、
画像


いーさんのブログもどうぞその2

ポイント
・出がけにスマホを忘れてしまい、八王子で同行者に会うまで、全く音信がとれず苦戦。やはり紙に書いて持って行くようにしなくちゃ。スマホ忘れてんじゃないよ!
・電車をバス2便9:10発に合わせたが、思ったよりもバス渋滞になって、50分は待たされて、結局10時発、上日川峠10:40過ぎの到着になり、とても縦走どころではない。急遽大菩薩嶺から唐松尾根集会に変更した。何度か来ているのでこういう計画変更ができたけど、他のメンバが初めての大菩薩でしたので、いい選択だったと思います。
 が、もしソロだったらどうしたんだろう?と考えてみると、@日帰りはない、A縦走なので、やはり無理しても笹子峠へ行ける範囲の米背負峠まで行く、ってことになるかなと思います。
・少し高いところへ行けば涼しいよって、皆さんを誘い行ってみましたが、陽射しが強くて、暑かったかな?次は、日影が多いところへ行ってみましょう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

近々の山行予定 -16/2/4 更新

150711大菩薩嶺。バスが混んでてんてこ舞い denの段だらウォーキング日記 4冊目/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる