denの段だらウォーキング日記 4冊目

アクセスカウンタ

zoom RSS 150425丹沢主稜縦走のはずが雷で撤退。西丹沢〜檜洞丸〜箒沢

<<   作成日時 : 2015/04/26 00:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

行程:新松田=(BUS)=西丹沢自然教室→ゴーラ沢出合→展望台→ベンチ→檜洞丸山頂/昼→青ヶ岳山荘(避難、撤退)→石柵山分岐→ユーシン分岐→テシロノ頭→石棚山→板小屋沢の頭→板小屋沢出合→箒沢公園バス停→バスピックアップ=(BUS)=新松田。443分、約11.5Km

今日は、かねてからチャレンジ中(失敗ばかり)の丹沢主稜縦走。そこそこ順調に西丹沢からアプローチして、昼には檜洞丸まで行けて、念願叶うかと思ったら…昼を食べ始めたら、いきなり雷⚡️。小屋に避難しましたが、蛭ヶ岳まで行ってもかなり遅くなるので撤退という結果になりました#ほぼ同じ時期に散策した130503-04にチャレンジした時と同じコースになりました。合わせてご覧いただければ幸いです
☆今日の1枚 この方向の空で、ピカっと光り、その後轟音。ビビりました。直ぐに青ヶ岳山荘に逃げ込みました。 雨も降ってきて、土砂降りで足止め。1時間弱いましたが、撤退。 山での雷は怖いです
画像

<概略ルート>
コラボ:dタイプさん

§1.西丹沢〜(つつじ新道)〜檜洞丸
 上:VCを出ると、前方に大室山、中:つつじ新道入口、下:眺望がよくなくて端折りますが、もうすぐゴーラ沢になる辺りで、桜が綺麗
画像

 ゴーラ沢出合の辺り#随分皆さんに抜かれるばかりの最遅ハイカーの私達。ここからが急登
画像

 左上:ローラーが着いたセメントの塊がある、左下:左手に小コウゲ、大コウゲの主稜尾根が見える、右:山頂とゴーラ沢出合のほぼ中間点になる展望地に近づく
画像


 上:展望地からの様子#130503-04では富士山の裾野が見えていた、下左:ここで歩荷のお兄さん#今日初めて勤務だそうです、彼曰く”山荘の名物女将が倒れて入院している。重大な病気ではない。今日は小屋番をお願いされている”ということをお聞きした、下中:テシロノ頭の崩壊地、下右:ブナも若芽を広げ始めた
画像

 上:左手後方に大室山が見える、金属の梯子を上ったところで、下:雨が落ちて来た#傘をさすほどではない
画像

 左:ベンチが置いてある辺り、右上:大室山がはっきり見えるが、だいぶ霞んできたようだ、右下:我々と同じペースのお二人、やはり蛭まで行くそうだ#大概の縦走狙いの人は蛭まで行くけど
画像

 上左:石棚山分岐を過ぎて、上右:同角ノ頭#dたいぷさんもこの山容をみていたが、名前は知らなかったとのこと。私も昔渋沢丘陵から見えるのでカシミールで初めて名前が割り出せた。こちらから行くと痩せ尾根があって危険らしい、下左:木道の下にはバイケイソウの群生、下右:風力発電と太陽光発電の装置#2年前にはなかったと思う
画像

 上左:山頂へ到着、上右:別々に撮った写真を合成してみました、下左:熊笹ノ峰方面のコースの辺りですが、富士山方面が見えるはずですが…、下右:ご飯を食べていたら、冒頭の写真で説明したように、稲光と大轟音!さっさと荷物をまとめて、小屋へ避難しました
画像


§2.檜洞丸〜(石棚山ルート)〜箒沢公園
 左上:小屋の中の写真はこの1枚、皇太子さまが来られたのですね#随分お若いので先代の時代でしょう。先程の歩荷のお兄さんが小屋番姿になっていた。凛々しいです、左中:雨が夜半まで続く、もう1時過ぎて、蛭ヶ岳には4時間はかかるなどから、諦めて、雨も小降りになってきたので、dタイプさんとも相談して、石棚山経由下山することに、右上:しかし下り始めると木道が濡れていない?、左下:石棚山分岐を左へ、右下:このネットにはチャックもあり、dタイプさんいわく、虫の採集のネットでは?#賛成に1票
画像

 上:西なる大室山方面ですが、空が明るくなってきているので、天気が西から東に変わるので、これ以上悪くなることはないのでは?などと話しながら歩く、下:ユーシン分岐辺り、こちらのルートも標識が新しくなっている
画像

 左上、左中:ブナが多い尾根です、しかしこの辺りで再度雷鳴。はじめは遠かったが、その次のは檜洞丸の方から聞こえて来た、左下:前回はお茶を飲んだベンチをやり過ごして、先を急ぐ、右:テシロノ頭を通過
画像


 上:南方向です、向こうの稜線は雨山付近、本来ならその奥に箱根山や富士山が見える、下左:地図で見ると西丹沢県民の森経由で玄倉分岐。この辺りが石柵山なんだが標識なし、右:ヤブ沢ノ頭通過
画像

 上:この辺りから急下降が多くなる、下中:短いけど急降りの板小屋沢ノ頭を振り返る、下右:その先は石柵山西尾根だが、思ったよりも急でここで休憩#実はすぐ下が板小屋沢でした
画像

 左上:降りていくと板小屋沢が見えて来た、左下:この標識からは真西に移動、
画像

 上左:これは覚えている、この先に崩壊地がある、下:今回よく見ると今のハイキング道の下が、ずるっとずれて向こう側にひっくり返しで落ちたようだ、上右:沢を歩いて、
画像

 上:キャンプ場に下山、バスの時間を見ると17:03位に出てしまっている時間#5分くらい間に合わなかったみたい〜、前回も10分くらい間に合わなかった。約19時の最終まで2時間もある。仕方ないので、とりあえず箒杉の蕎麦屋さんへ向かうことにしたが、その曲がり角が見えたら、バスがやってきた#10分遅れ?、Why!手をあげたら乗れた。超ラッキーで、新松田へ#箒杉茶屋でそばも食べたかったけど…。しかし新松田で2時間分反省会に浪費してしまいました
画像


 今日の出会い#あまり写真を撮る余裕がなく、写真が少ないですが、中左:イワキンバイ?、下右:バイケイソウ#そういえばマルバダケブキを撮影していない
画像


ポイント
・そうそう。カトマンズで大きな地震がありましたが、ベースキャンプが雪崩と絡んで大変な被害です。パスポートは取りましたが、行くのは難しい?ですかね
・dタイプさんからも指摘を受けましたが、”最近失敗散策”が増えてきているので、”体調やコース選定の見直しなど対策を急ぎ検討”と思います。とりあえず5/1-2に予定していた丹沢主脈は延期します
・歩荷のお兄さんは、小屋番でみやま山荘の手拭いをかぶっていましたが、ちょうど小屋に避難していた方が、白と藍の手拭いを差し上げてましたが、もう手に入らないという貴重な代物。その様子をみてて、ここに記しておこうと思います#その手拭いの写真
画像

・dタイプさん、お疲れ様でした。だいぶ想定外が発生してしまい、予定通り行きませんでしたが、またリベンジしましょう。次は玄倉からの逆コースにしましょう。なお、石柵山からは、玄倉の方が傾斜はゆるいみたいですよ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

近々の山行予定 -16/2/4 更新

150425丹沢主稜縦走のはずが雷で撤退。西丹沢〜檜洞丸〜箒沢 denの段だらウォーキング日記 4冊目/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる