denの段だらウォーキング日記 4冊目

アクセスカウンタ

zoom RSS 150104ブッツェ平。玄倉〜日影山〜秦野林道〜玄倉+バスがなくて湯本平

<<   作成日時 : 2015/01/04 23:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

行程:新松田=(BUS)=玄倉→日影山(ブッツェ平)登り口→日影山山頂→秦野峠林道出合(ブッツェ峠)→玄倉→湯本平=(BUS)=新松田。359分、約13.1Km

今日はかねてから行きたかった一つ、玄倉の日影山(ブッツェ平)へ行ってみました。
今年は以下の目標があります。@毎月丹沢(ちょっと広めの設定で大山・丹沢)、Aできるだけ行動時間を取るため始発のバスに乗る、B避難小屋や山小屋をうまく使って主脈、主稜、玄倉林道周辺、寄周辺の主要な山々を回るであります。
で、その第一弾は大野山から一丁経由西尾山・シダンゴのつもりでしたが、20数キロありもう少し明るくなってからということで、玄倉〜ブッツェ平〜シダンゴに変更して、チャレンジしてきました。
☆今日の1枚 林道「秦野峠線」から、日影山(ブッツェ平)を振り返ると、日影山の山頂から中腹に常葉樹林帯、その下は広葉樹林帯が続く山容がよくわかるね〜そして右手に富士山
画像

<概略ルート>

§1.登り
 新松田始発の西丹行き7:20のバスに乗りますが、上左:オオマイゴット!小田急の蕎麦屋さんがないではないの〜、左下:バスは意外に少なく5-6組を乗せて、右:バスの中から。箱根の山々も雪が、富士山も辛うじて裾野だけ見える
画像

 上左:玄倉に8時過ぎに到着、下左:少し戻って富士山が見えないか行ってみるが肉眼で見える程度、右上:ビジターセンターへ向かうが、人の足跡の右側に、鹿の足跡らしい#ビジターセンターの職員の方のお話。VCは今日からオープンだそう
画像

 VCでトイレを借りる予定でしたが、”雪はあるし、獣はいるし、今日の散策はどうなるんじゃ?”と思いつつ、上左:雪が深い(5cm程度)、上右:ここから登山口、下左:踏み跡みたいなのがある#道にも足跡があってここに向かっていた(と思うけど)、下右:いきなり急な登り&踏み跡以外マーカーがない#でも踏み跡があればいい!
画像

 なかなかHCみたいにはいかないとは思っていたけど、上左:やっとのことで尾根道に取付いたが、尾根に沿って登るのが結構つらい#こんなの初めて、上右:右手へ行けば尾根の上へ行けるけど、尾根ほど急なので左手をトラバースで行けるだけ行くけど、それも急な崖にぶち当たって垂直に登らざるを得ない、下右:そんな時富士山が後方に見えて、雲のかかり方も控えめになってきて、元気をもらいつつ、下右:それで最後は岩尾根を攻略しなきゃいけない
画像

 雑木林の急坂を抜けたら、ちょっと平らなところでちょっと一息。しかし上:ミツマタの群生が見えてきたら、その先は今度は樹林帯の急坂、こういうの経験ありませんです、下:その先は勾配が少しはゆるくなったが、また先がどうなってるか見えない急登が続き、鹿柵をまたいで上って行くと、
画像

 上左:左手に林道が見えて来て、下左:柵沿いにもっと行くと、右上:平らなところへ到着!はっぴーさんの記事のころに比べると、もう標識がないね〜標識の寿命って何年でしょう?、下右:先へ行ってみると、こっちへ行くと大野山かな?
画像

 山頂は上の写真の右手の方の、”平”なところに。三角点でしょうか?#しかし2時間と思っていたのが3時間かかりました
画像


§2.下り
 ちょっと”登りがつらかったから大野山へ行くのもあり”かと思いましたが、左上:テープも見えるしやはり予定通り、秦野峠方面へ、左下:二股の谷。初め左に降りたが、そっちは標識やテープが無い!で危険な崖の股上をトラバースして右手へ回ったがテープもない空振り。ふとその角度からは左手の尾根に赤い標柱があるのが見えた。で左手へまわり直して、降りたが、右上:急な岩ザレで#振り返って、右下:その先はキレット
画像

 急勾配30°を降りて、左:今日山に入って初めて見た看板、右上:林道「秦野峠線」に出合(ブッツェ峠)#昼飯を食べながら。ここも20分が35分、右下:靴の様子はというとびしょびしょです…#雪が残り路がはっきりしないことと、滑るのでなかなか進めない、結構急斜面なので、滑落は怖い。足も冷たくなってきてます。飯食って一息ついたけど、もう体力ないや〜。寄か田代向に行くと7-8キロはあるので、林道をちんたら玄倉(5Km)へ戻ることに
画像


 林道を下り始めるとすぐに、左手に日影山の稜線、丹沢湖、そして富士山の光景#山道を行ったらこの景色は見えなかったかも
画像

 上左:日影山の上の方は、ハブラシ見たい、上右:林道には雪が残っていて、人間では私だけのシュプールが描けましたが、動物を入れても4番目です#1/1に降った雪らしいので4日目に4人目の足跡です。この後、もっと足跡見かけますけど、中:丹沢湖の右手のパノラマ#きれいです、下:携帯の”AR 山 1000”というアプリで山岳同定、左へだいぶずれていますけど楽しい
画像

 途中橋のそばに前が開けた場所があって、日影山、丹沢湖や富士山も見える
画像

 上左:もう何も登場の日影山、上右:途中にあった小さな滝、右下:ゲートを過ぎて、左下:小菅沢橋を渡り、玄倉バス停へ
画像


 踏み跡など獣のもの?をまとめてみた。下右:岩尾根をトラバースしたときに追っかけた足跡、ときどき2m位飛んでいる、下中:岩尾根の踏み跡、小さい足跡(ストックの丸い奴の少し大きめ)が多く、下左:山頂近くの鹿柵のもの=どう見ても人のものではない、上右:誰の落とし物?w、上左:林道の3つ叉の足跡=たぶん鳥
画像


§3.玄倉からバス通り
 玄倉に戻ったら2時過ぎでバスまで1時間もある。谷峨まで歩いてみるかということで、バス停で時刻を見ながら、歩くことに。谷峨まで6キロくらいなので、途中でバスに乗ることになりそうだが。酒屋のある辺りでビール飲みながら待ちたいと思いつつ歩き出す。前方に権現山。ミツマタシーズンに来たいな#もうすぐだけど
画像

 上:檜洞丸と右手奥は蛭ヶ岳?、神縄隧道#この上にHCがある、中:前方に大野山、平山地区への橋、下:赤い鳥居に湯本平と書いてあった、すぐ横に酒屋があった、1500に到着し、ビールを2本買って、1本飲んでるうちに、1515のバスに乗れた#ここだけ思い通り。50分歩いたが、バスは10分で来るんだ〜
画像


ポイント
・日影山は是非通りたかった山なので、山頂に行けたのはよかったですけど、玄倉北西からのルートは思ったより非常にきつかったです。秦野峠林道の降りもHC程楽ではないし、まあ大野山からのアプローチと、寄の周辺の山々の周回などとの関係でいくつかアプローチしてみたい

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

近々の山行予定 -16/2/4 更新

150104ブッツェ平。玄倉〜日影山〜秦野林道〜玄倉+バスがなくて湯本平 denの段だらウォーキング日記 4冊目/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる